1-2.リスク管理

楽天証券で買える|つみたてNISA銘柄【リスク度】ランキング

楽天証券で買えるつみたてNISA銘柄リスク度ランキング
つみたてNISAは国の制度だから安心・安全!

ローリスクだからオススメだよ!!

ちょっと待ったぁぁあ!

その考え方、とっても危険です。

つみたてNISAは決してローリスクな投資方法ではありません。

特に証券会社の買付ランキングの上位は株式中心なのでハイリスクな銘柄が多いんです。

え、マジですか!?

ということで、今回は楽天証券で購入できる つみたてNISA銘柄のリスクとリターンを可視化し、リスクの低い順にランキングにしてみました!

併せて、リスクの見方や暴落耐性の測り方も解説したいと思います。

この記事を読んで分かること

  • 楽天証券で購入できるつみたてNISAのローリスクランキング
  • リスク(標準偏差)の読み取り方

この記事を読んでほしい人

  • つみたてNISAで投資したいけど何に投資するか迷っている方
  • つみたてNISAで何となくオススメ銘柄に投資している方
つみたてNISAってそんなにハイリスクなの?

全てではありませんが、買付ランキングなどで上位に来る銘柄はハイリスクなものが多いんです。

こちらは楽天証券で購入できる つみたてNISA銘柄 買付ランキングトップ10のリスクとリターンの一覧表です。

リスクの読み取り方は後ほど説明しますが、見ていただきたいのはリーマンショック時の暴落率です。

マ、-50%!?(;゚Д゚)

今は米国を中心に株式は絶好調なので想像つかない方も多いと思いますが、基本的に株式100%の銘柄はリーマンショックのような経済危機に巻き込まれると資産価値は半分まで暴落します。

何となく つみたてNISAで投資しているそこのアナタ!

この事実を知って投資していますか?

うぅ・・・

僕もそうでしたが、投資初心者は資産を増やしたいという思いが強すぎるため、リターン重視で投資信託を選んでしまいがちです。

これは株式100%が悪いという意味ではなく、銘柄のリスクを無視して投資すると大失敗する可能性があるということです。

投資するにあたり最も重要視するべきは

リターンよりリスク

長期間投資をしていると必ず含み損を抱える場面がありますし、○○ショックといわれる大暴落には必ず出くわします。

そして含み損も大暴落も投資をしている限り逃れることはできません。

今投資している銘柄がどれくらい価格変動するのか、この機会に知っておきましょう♪

リスク(標準偏差)の読み取り方

リスクって読み取ることができるの?

リスクって数値化することができるんですよ!

まずはリスクとその読み取り方から解説していきます。

「リスク」の意味

投資におけるリスクは一般的な「危険」という意味とは違い「期待する利益の振れ幅」のことを言います。

この「期待する利益の振れ幅」のことを統計学では「分散」といい、その度合いのことを「リスク(標準偏差)」と呼び、投資ではこのリスクを読み取ることが非常に重要なんです。

専門用語ばかりで難しいよ・・

わかりやすいように図解にしてみました。

図解リターンとリスクの読み解き方

例えば「リターン5%・リスク10%」というインデックスファンド(投資信託)があった場合、

  • 1年間で得られる期待リターンは5%
  • その5%を中心に7割(68.8%)の確率で±10%で変動するリスクがある

とい風に読むことができます。

もっと簡単にいうと

今回のランキングでは

  1. リスク:その銘柄は普段±〇%で変動する
  2. 暴落時はリスクの数値×2倍で変動する
  3. リーマンショック:歴史的な大暴落が来ると〇%暴落する

この3つだけ意識して読み取ってみてください。

↓リスクの詳細、暴落耐性の測り方はこちらをご覧ください↓

あなたはどこまで耐えられる?自分のリスク許容度の調べ方投資先のリスクを数値化し、あなたが暴落時にどこまで耐えられるのかを調べる方法を解説します。投資で重要なのはリターンよりリスクです。リスク管理をして失敗しない投資ライフを楽しみましょう。...

つみたてNISA リスク度ランキングTOP30

ランキング

今回は2020.1.11現在、楽天証券で購入できるつみたてNISA銘柄、買付ランキングTOP100の中から選定し、無料ツールを使用して過去20年のリスクとリターンを算出しました。

ランキング条件
  1. リスク・リーマンショック時の暴落率はmyINDEXで計算
  2. アセットアロケーションはピザロ!!で算出
  3. 純資産額10億円以上でリスクが低い順にランキング
  4. 数値が同じ場合は純資産が大きい方を上位としています

※簡易な計算なのでイメージとしてお楽しみください(^^)

今回の結果はツールを使用して算出したもので、実際のリスク・リターンとは異なりますのでご注意ください。

また、データは頻繁に更新されているので計算時期によっては結果が異なります。

お待たせしました。それでは楽天証券で買えるつみたてNISA銘柄のリスク度ランキング(リスクの低い順)TOP30の紹介です!

楽天証券つみたてNISA銘柄リスク度ランキング10 楽天証券つみたてNISA銘柄リスク度ランキング20 楽天証券つみたてNISA銘柄リスク度ランキング30

いかがですか?

今回のリスク度ランキングで見事1位に輝いたのは

ランキング1位

myINDEXピザロ!!で作成

楽天証券で買える つみたてNISA銘柄で一番リスクが低いのはDCニッセイワールドセレクトファンド(安定型)という結果となりました。

DCニッセイワールドセレクトファンド(安定型)は85%が債券を占めており、数値上は最もリスクの低い銘柄となります。

今回のリスク度ランキングには、米国株インデックスなど買付ランキングTOP10にランクするような人気銘柄はほとんど姿を見せません。

特徴的なのが上位26位までが全てバランスファンドであることです。

なんでバランスファンドはリスクが低いの?

それは暴落時に価格が下がりにくい債券が含まれているからです。

特に国内債券は株式との相関が低く、暴落時はクッションとして資産価値の下落を緩和してくれんです。

↓債券の効果について詳細はこちら↓

債券が暴落時どれくらいクッションになるのか調べてみた日本国債券・先進国債券が暴落時に及ぼす影響と過去20年のリターンを債券比率ごとにそれぞれ調べてみました。どちらも暴落時のクッションにはなりますが、それぞれ特性が異なり一長一短があります。...

ハイリスクが悪い訳ではない

リターンよりリスク

ランキングを見てると気付くと思いますが、ローリスクな商品はリターンも低いことが分かります。

投資の世界には「リターンとリスクはトレードオフ」という言葉がありますが、暴落対策としてリスクを分散していくと、それに比例しリターンも分散していきます。

図解リターンとリスクの読み解き方

この図解にもある通り、リスクが高いということはリターンが大きくなる可能性も高いということです。

ハイリスクが悪いということではありません。

大切なのは、自分はどこまでリスクを負えるのか、負えるリスクによってどれくらいのリターンが期待できるのかを理解し知ることなんです。

このリスクとリターンが銘柄選びの基本となるのです。

↓リスク・リターンの算出方法はこちら↓

知識ゼロから10分で自分に合った投資信託を選べるようになる方法知識ゼロから10分で「投資信託の銘柄の選び方」をどこよりも分かりやすく紹介します。銘柄の選び方を習得することで、リターンとリスクの本質も分かるので銘柄選択が楽しくなりますよ。...

投資効率ランキングもやってみた

楽天証券つみたてNISA銘柄シャープレシオランキング10

せっかくリスクとリターンについて解説をしたので、ついでにシャープレシオ(投資効率)ランキングも作ってみました!

シャープレシオって何?

シャープレシオとは、収益の効率性を表す指標で、リターンリスクで割ることで算出される数値で、大きいほど高率が良いことを表します。

異なる投資対象を比較する際に「同じリスクならどちらのリターンが高いか」を比べるときに使用します。

↓詳しくはこちら↓

【用語解説】シャープレシオ(しゃーぷれしお)シャープレシオとは、収益の効率性を表す指標で、リターンをリスクで割ることで算出され、数値が大きい方が優秀となります。...

こちらのランキングでもDCニッセイワールドセレクトファンド(安定型)が見事1位に輝きました。

リスク度ランキングと同様に上位は全てバランスファンドでした。

バランスファンドはリターンとリスクのバランスが良いものが多く、両部門で1位に輝いたDCニッセイワールドセレクトファンド(安定型)は投資初心者には取り組みやすい銘柄と言えますね!

まとめ|投資は退場しないことが最優先

要点まとめ
  1. 証券会社の買付上位はハイリスクな銘柄が多い
  2. つみたてNISAでローリスクなのは全てバランスファンド
  3. 自分はどこまでリスクを負えるのかを考える

最初にも言いましたが、投資するにあたり最も重要視するべきは

リターンよりリスク

長期間投資をしている限り、○○ショックといわれる大暴落には必ず出くわします。
そしてこの大暴落から逃れることはできません。

ちなみにリーマンショックは100年に一度といわれていますが、もっと大きな暴落であった世界大恐慌からまだ100年も経っていません。

暴落は来るものとして考え、その時はどれくらい資産価値が下がるのか、どれくらいまでなら自分は耐えられるのかをしっかりイメージすることが銘柄選びの基本です。

何があっても退場しない(投資を止めない)

積立投資において暴落時に我慢できずに売却してしまうというのは一番の悪手です。

リスク重視で銘柄を選択し、まず荒波の投資界で生き残ることを最優先に考えましょう。

↓リスク管理の関連記事↓

現金比率50%は怠け者向け!?カウチポテトポートフォリオの魅力現金比率50%・カウチポテトポートフォリオの魅力についてご紹介します。怠け者の意であるカウチポテトは、しっかりとリスク対策をしながらも、好きな銘柄に投資できるという投資初心者の方にオススメできる投資方法です。...
初心者が積立投資で失敗しない秘訣3選!初心者が積立投資で失敗しない秘訣をまとめました!失敗しない秘訣には「投資の知識」や「相場を読む力」などの「知識と能力」はあまり必要ではなく、「忍耐力と精神力」などの「耐えく気持ち」の方が大切です。...

リスク管理をしっかりして つみたてNISAを始めよう

今回は「つみたてNISA」のリスクランキングを紹介しました。

つみたてNISAは通常、投資で得た利益には約20%かかる税金がが非課税となる超お得な制度なのです。

資産運用を検討しているなら、リスクを管理しながらつみたてNISAを始めてみませんか?

僕は還元率が高く、楽天ポイント(普段の買い物ポイント)で投資ができる楽天証券でつみたてNISAを運用しています。

↓口座開設(無料)はこちら↓

※最短5分で登録できます
楽天証券

↓楽天証券の詳細はこちら↓

30年で100万円お得!?楽天証券は買い物ポイントで投資できる最強の証券会社楽天証券がおすすめ理由を簡単に説明すると「楽天証券ではカード決済が可能で1%のポイント還元される」「普段の買い物などで得たポイントも併せて投資信託を購入できる」の2点です。この理由だけで楽天証券を選択する理由になるほどお得なサービスです。...

↓つみたてNISAについての詳細はこちら↓

知識ゼロから始める「つみたてNISA」完全ガイドつみたてNISAの制度の解説からメリット・デメリット、失敗しない秘訣や始め方を網羅した完全ガイドです。...

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。

↓よろしければ応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ