1-1.長期投資の基礎知識

知らないうちに払ってる!?投資信託の隠れコストが資産に与える影響

今年からつみたてNISAを始めた方も多いと思いますが、銘柄選びの際に信託報酬は気になりますよね。

でも実は投資信託で資産運用するには信託報酬以外の費用が掛かることを知っていますか?

↓信託報酬がよく分からない方はこちら↓

【用語解説】信託報酬(しんたくほうしゅう)投資信託で資産運用するうえで、最も大きなウェイトを占める費用である「信託報酬」について詳しく解説します。...

え!?投資信託の維持費って信託報酬だけじゃないの?

実は知られざる隠されたコストが存在するんです。

ということで、今回は信託報酬にかかる隠れコストとその費用が資産に与える影響を調べてみたのでご紹介します。

この記事を読んで分かること

  • 投資信託のランニングコストは信託報酬だけではない
  • 実際に払う隠れコストの金額(目安)
  • 隠れコストが資産運用に与える影響

この記事を読んでほしい人

  • 今年からつみたてNISA等の投資を始めた人
  • 投資信託のランニングコストが信託報酬だけだと思っている人
  • 隠れコストが資産に与える影響を知りたい人

先に結果を言ってしまうと、隠れコストが資産に与える影響はそんなに大きくありません。多少の差なら気にする必要はないでしょう。

しかし、僕は隠れコスト・実質コストって名前が気に入らない!

投資信託を購入するときに信託報酬以外にも費用が掛かるということは分かりやすい場所に必ず明記するべきだと思っています。

最初に存在を知った時はホントに詐欺じゃないかと思いました。
だって消費者に存在を知らせずに販売するって現代ではあり得なくないですか?

今日は珍しく怒ってるね(;^_^A

はい、激おこぷんぷんです。(今更だけど)

しかしどんなに怒っても支払う費用は変わらないので、ここからは隠れコストとその調べ方、資産に与える影響について解説していきます。

実質コスト・隠れコストとは

投資信託にかかる費用には、購入手数料信託報酬とは別に表に出てこない費用が存在し、「隠れコスト」と呼ばれています。これらの手数料を全て合算したものを「実質コスト」を読んでいます。

隠れコストは運用会社が金融商品を買い付ける際の手数料や資金・資産の移動にかかる費用などが該当します。

実質コストと隠れコストはどちらも正式な呼び名はなく、投資家の間で使われている俗語なので、サイトによって呼び方が異なることがあります。

隠れコストについてまとめると

  1. 信託報酬とは別に商品ページには表示されない「隠れコスト」が存在する
  2. 信託報酬と隠れコストを足したものが「実質コスト」
  3. 実質コストは運用報告書で確認できる
  4. 販売されて1年未満の投資信託の実質コストは分からない

この実質コストは投資信託の商品実績にある「実績報告書」を読まなければ把握することが難しく、信託報酬より高額な場合もあるので注意しましょう。

隠れコストは例えると燃油サーチャージ

海外旅行をする際に発生する燃油サーチャージ、隠れコストはこの燃油サーチャージに似ています。

燃油サーチャージは運賃(手数料)とは別に飛行機を飛ばす(運用する)際に必要な燃料代を旅行客にも負担してもらう制度です。(ちょっと違うけど)

隠れコストも同様に手数料とは別に投資信託を運用する際に必要な経費を投資家が負担するようになっているのです。

 

実質コストは運用報告書で確認できる

こちらはeMAXIS Slim先進国株式インデックスと呼ばれる投資信託の運用報告書です。

一万口あたりの費用明細で「信託報酬」・「隠れコスト」とその合計の「実質コスト」を確認することができます。

今回の場合は

  1. 信託報酬:0.117%
  2. 隠れコスト:0.076%
  3. 実質コスト(合計):0.193%

ということが分かりますね。

ただし、右上の期間が1年未満であることがあるので、その場合は1年分に換算する必要がありますのご注意ください。

販売されて1年未満の投資信託は、決算を迎えておらず運用実績が分からないので、実質コストも知ることができません。

っていうか実質コストが信託報酬の1.5倍じゃん!!
これを明示しないってありえないでしょ!!

実質コストは過去にかかった費用

運用報告書に記載されている実質コストは、過去の実績であり、これからかかる費用ではありません。

上の表で言うと、2019年4月までの実績なので消費税は10%ではなく8%です。
また、運用コストは毎年異なるので、実質コストも毎年異なりますので、運用報告書に乗っている実質コストもこれからかかる費用の目安であることは覚えておきましょう。

 

隠れコストが資産に与える影響

こちらは毎月1万円を20年積み立てた場合の投資信託にかかる隠れコストを利回り別に一覧表(目安)にしたものです。

表の読み取り方

  • 隠れコストが0.1%で利回り4%の場合の20年で支払う隠れコスト総額は31,758円と読み取ります。
  • 積立額が3万円の場合は×3、5万円の場合は×5してください。
  • 簡易計算なので目安としてお考え下さい。

↓グラフにするとこんな感じです↓

20年積み立てで元本が240万円と考えると、隠れコスト0.1%くらいまでは影響はかなり少ないですね。
0.2%になるとちょっと気になってくるかなぁ。(僕の感覚だと)

いずれにしても、運用成績に深刻な影響を与えるわけではないことが分かります。

 

実際に積み立ててたらどうなるのかシミュレーション

それでは恒例のシミュレーションタイムです。

↓今回の条件はこちら↓

シミュレーション条件

楽天VTIに毎月5万円、約18年(219ヵ月)積み立てた場合の隠れコストの影響度を検証

  1. 楽天VTIは設定から2年程しかたっていないので本家VTIを円換算して表現します
  2. 本家VTIはTradingViewのチャートを使用
  3. ドル/円チャートはInvesting.comでダウンロードしたものを使用
  4. 信託報酬:0.162% 実質コスト:0.191%で計算
  5. 配当・税金・インフレなどは考慮しません

※簡易な計算なのでイメージとしてお楽しみください(^^)

思ったほど差は出ない

こちらは年別の信託報酬と実質コストの比較です。

資産と同様に手数料も複利で増えるので、雪だるま式に増えていることが分かります。

シミュレーションの結果、18年で手数料の差額は約4万円の差でした。
5万円を18年積み立てると元本が1,000万円を超えているので、影響はかなり小さいですね。

運用成績は誤差の範囲

こちらは信託報酬・実質コストで運用成績を比べたものになります。

総資産額2,380万円に対しコストの差は7万円ほどで、影響度は0.3%と誤差の範囲といえます。

今回のシミュレーションでは、隠れコストが0.03%程度の場合は積立資産にはほとんど影響を与えないことが分かりました。

 

まとめ|影響は少ないが払っていることは知っておこう

要点まとめ
  1. 投資信託の維持費は信託報酬だけではない
  2. ファンド紹介ページには記載されていない隠れコストが存在する
  3. 隠れコストは運用報告書で確認できる
  4. 実際に隠れコストが資産に与える影響は小さい
資産にはあまり影響しないみたいで良かったね!
少しは怒りが収まったかい?

それとこれは話が別です。

例え少額であったとしても、かかる費用は告知するべきだと思います。

信託報酬(実質コスト)は毎日差し引かれています。
消費者に黙って毎日差し引くという泥棒まがいの状況は改善すべき点だと思っています。

怒りでまとめがまとまらない(笑)

最近つみたてNISAなどで投資信託による積立投資を始めた方は、信託報酬以外にも費用が掛かっているということを認識しておきましょう。

投資信託の手数料が資産に与える影響を調べてみた信託報酬などの手数料が資産に与える影響を調べてみました。今回の計算では手数料が0.1%上がると30年で21万円負担が増え、28万円リターンが減る結果となりました。長期投資は手数料に拘ることでリターンに大きな差が生じます。...

資産運用を始めるならつみたてNISAがおすすめ

これから投資を始めるなら「つみたてNISA」がおすすめです。

通常、投資で得た利益には約20%の税金がかかるのですが、このつみたてNISAなら利益にかかる税金が非課税となる超お得な制度なのです。

僕は還元率が高く、楽天ポイント(普段の買い物ポイント)で投資ができる楽天証券でつみたてNISAを運用しています。

↓口座開設(無料)はこちら↓

※最短5分で登録できます
楽天証券

↓楽天証券の詳細はこちら↓

30年で100万円お得!?楽天証券は買い物ポイントで投資できる最強の証券会社楽天証券がおすすめ理由を簡単に説明すると「楽天証券ではカード決済が可能で1%のポイント還元される」「普段の買い物などで得たポイントも併せて投資信託を購入できる」の2点です。この理由だけで楽天証券を選択する理由になるほどお得なサービスです。...

↓つみたてNISAについての詳細はこちら↓

知識ゼロから始める「つみたてNISA」完全ガイドつみたてNISAの制度の解説からメリット・デメリット、失敗しない秘訣や始め方を網羅した完全ガイドです。...

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。

↓よろしければ応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ