1-2.リスク管理

初心者が積立投資で失敗しない秘訣3選!

投資を始めてみたいけど、失敗して大切な資産が減ったらどうしよう・・

投資を持ったものの、始める前にぶつかる最初の壁ですよね(;^_^A
僕も失敗が怖くて数か月ほど躊躇している時期がありました。

自分の大切な資産を運用するわけなので、失敗が怖くて躊躇してしまうことは当然の反応です。

ということで、今回は初心者が積立投資で失敗しない秘訣をまとめてみました!
まず必要なのは難しい専門知識ではなく、積立投資の特性を知ることなんです。

この記事を読んで分かること

  • 積立投資は精神力と忍耐力が必要な投資方法である
  • 失敗しないための線引きの方法
  • 何が起きても売らない(止めない)人が勝つ

この記事を読んでほしい人

  • 将来に向け、積立投資で資産運用をやってみたいけど、失敗が怖くて始めることを躊躇している方

積立投資で失敗しない為に必要なことは、「投資の知識」や「相場を読む力」などの「知識と能力」ではありません。

誤解を恐れずいうと、失敗をしない為に最も必要なものは「気合と根性」や「忍耐力と精神力」などの「耐えく気持ち」です。

え?精神論?
なんか旧世代的だな・・・

と思うかもしれませんが、本当にその通りで一番大事なのは「耐える心」です。

それを踏まえまして、失敗しない秘訣は次の3つです。

  1. 積立投資は必ず含み損を抱える投資方法であることを知る
  2. 自分が価格変動に対してどれくらい耐性があるのかを調べる
  3. 暴落しても売っては(止めては)いけない

それでは、これら3つの秘訣を具体的に解説していきます。

積立投資は必ず含み損を抱える投資方法である

投資初心者の方でよく失敗する理由の一つとして、積立投資は含み損を抱えながら運用する投資方法であることを理解していないということがあります。

積立投資は株式などに投資するため、当たり前ですが価格変動があります。
価格変動があるということは、これも当たり前ですがプラスにもなればマイナスにもなるということです。

当たり前じゃん!

しかし、この当たり前のことですら理解していないというか、自分の身に降りかかることを想像できていない方がとても多いです。

自分の身に降りかかることを想像できていないため、目の前の相場に一喜一憂してしまい、ちょっと大きな変動に耐え切れずにスグ売却し失敗してしまうのです。

100万があっという間に90万になってしまった!
こんなのツラ過ぎ、もうやめたい・・・

最初は「当たり前」といいながら「もうやめたい」ってなる人がホントに多い・・・

これまで銀行預金しかしたことがなく、含み損を抱える経験がない方は、10%程度のマイナスでも心が折れてしまうことがあります。

しかし、積立投資ではこの程度の変動は日常茶飯事です。
故に、最初の数年は頻繁に含み損を抱えます。


出展:ウェルスナビコラム

まずは積立投資が常時10%程度の変動をしていて、それが自分の身に降りかかる投資方法であるということを知っておきましょう。

積立投資はとてもお手軽に始められる投資方法ですが、ひたすら続けるには忍耐力と精神力が必要なんです。

↓積立投資の特徴について詳しくはこちら↓

±10%は日常茶飯事!積立投資はお手軽だが続けるのは難しい積立投資は確かに簡単・お手軽に始められる資産運用です。 しかし、投資初心者がそれを維持するのは意外と難しいんです。なぜ難しいのかというと、積立投資は含み益・含み損を繰り返しながら資産を増やすという特性を知らない方が多いからです。...

積立投資で失敗しない秘訣①

  • 積立投資は含み損を抱えながら資産を増やす投資方法であることを知っておく

このことを知っておくだけでも、安易に売却し損を抱えたまま失敗する可能性は低くなります。

どこまで耐えらるか?具体的な線引き方法

積立投資は含み損に耐えながら資産を増やす投資方法であると説明しました。

しかし、自分の大切な資産です。
言いうのは簡単ですが、実際に耐えるのは難しい。

頭でわかっていても、先ほどの例のように実際自分に降りかかると耐えられなくなることが想定されます。

なので、まずは自分がどこまでの含み損(価格変動)に耐えらのかを考えてみましょう。
このように価格変動への耐性のことをリスク許容度といいます。

含み損(価格変動)への耐性は人によって異なり千差万別です。
自分ならどこまで耐えられるのかの「自分のリスク許容度」を調べること失敗しないためのもう一つの秘訣です。

でもどうやって調べるの?

実は、投資しようとしている(投資している)金融商品(投資信託)がどれくらいのリターンがあって、どれくらい価格変動するのかは数値化することができるんです。

その数値を自分の資産に当てはめて増減を想像し、自分ならどこまで耐えられるのか線を引き、リスク許容度を測ってみましょう。

↓具体的なリスク許容度の測り方はこちら↓

あなたはどこまで耐えられる?自分のリスク許容度の調べ方 僕もそうでしたが、投資初心者は資産を増やしたいという思いが強すぎるため、リターン重視で投資信託を選んでしまいがちです。(米国株が...

投資信託のリターンとリスクの調べ方はこちら↓

知識ゼロから10分で自分に合った投資信託を選べるようになる方法知識ゼロから10分で「投資信託の銘柄の選び方」をどこよりも分かりやすく紹介します。銘柄の選び方を習得することで、リターンとリスクの本質も分かるので銘柄選択が楽しくなりますよ。...

積立投資で失敗しない秘訣②

  • 自分が価格変動に対してどこまでの耐性があるのかを知る

積立投資で負ける人は暴落時に売却する(やめる)人

何度も言いますが、積立投資は含み損を抱えながら運用する投資方法です。
含み損には日々の価格変動によるものと暴落によるものがあります。

そして、長期間積立投資をしている限り、○○ショックといわれる大暴落には必ず出くわします

これを回避することは不可能で、あなたが必死で積み立てた資産にもその牙は容赦なく襲い掛かり、大きく資産を減らすことでしょう。

大きく資産を減らすことで、かなりツラい時期が続きますが、ここで売却・撤退してはいけません。

暴落時に売却して投資を止めてしまうことが一番の悪手です。
辛くても何もなかったかのように、今まで通り淡々と積み立てを続けることが大切なのです。

積立投資で負ける人は価格が下がった時に売却・撤退する人ということを覚えておきましょう。

↓暴落時に売却してはイケナイ理由の詳細はこちら↓

積立投資は元本割れ(含み損)を起こしても売却してはいけないこれまで順調に増えていた積立投資。 不意な急落・暴落でこれまでのリターンが一気に溶けてしまうことはよくあることです。2018年10...

積立投資で失敗しない秘訣③

  • 暴落しても売っては(止めては)いけない

まとめ|耐えられるリスクに投資し、ひたすら耐える

要点まとめ
  1. 積立投資は必ず含み損を抱える投資方法であることを知る
  2. 自分が価格変動に対してどこまでの耐性があるのかを知る
  3. 暴落しても売っては(止めては)いけない

最初にも言いましたが、積立投資を失敗しない秘訣には「投資の知識」や「相場を読む力」などの「知識と能力」はあまり必要ではなく、「忍耐力と精神力」などの「耐えく気持ち」の方が大切です。

これらを踏まえたうえで

積立投資で失敗しないコツ

  1. 自分がどこまで耐えられるかを知る
  2. その範囲内で金融商品を選ぶ
  3. 何が起きても耐え続け、積み立て続ける
積立投資って耐え忍ぶ投資方法なのね

積立投資は、将来成功するための修行のようなものです。

本質を知り、目先の損益に惑わされない強靭な精神力と忍耐力を身に付けましょう。

 

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村