1-1.長期投資の基礎知識

現金比率50%は怠け者向け!?カウチポテトポートフォリオの魅力

当サイトでは投資初心者の方に現金比率50%を維持する投資方法をオススメしています。

世の中には「世界市場ポートフォリオ」や「効率的フロンティア」等、様々なポートフォリオ戦略がありますが、この現金比率50%はカウチポテトポートフォリオと呼ばれる戦略に分類されます。

カウチポテトって何?

カウチポテトとは英語のスラングで「ソファー(カウチ)でくつろいでポテトチップスを食べながらテレビやビデオを見ながらダラダラする」ことを指します。

使い方の例:週明けの学校偏

A「週末は何してたの?」

B「いや~、この週末はカウチポテトだったよ(;^_^A」

簡単に言うと怠け者のことです(笑)

なんと(笑)

でも怠け者の投資方法ってどういう意味なの?

色んなブログやTwitterを見ていると、様々な分析や予想に基づき地域比率や資産比率をコントロールされている方が多いですよね。
個別株をやられている方はもっと綿密なコントロールをしています。

しかし、カウチポテトポートフォリオのルールはシンプルで超簡単!

リスク資産と無リスク資産を半分ずつ!

と管理項目が圧倒的に少なく怠け者向け?の投資方法なんです。

ということで、今回は現金比率50%・カウチポテトポートフォリオの魅力についてご紹介します。

この記事を読んで分かること

  • カウチポテトポートフォリオはリスク管理しながら好きな銘柄に投資できる初心者向けの投資方法である

この記事を読んでほしい人

  • これから投資を始めたい・始めたばかりで、まだ投資方針が定まっていない方
  • 投資先の管理になるべく手間をかけたくない方

カウチポテトポートフォリオは、無リスク資産(僕の場合は現金)を半分というルールさえ守っておけば、基本的に欲望のまま好きなものに投資できるという自由度の高さが最大の魅力です。

「管理が簡単かつ好きなものに投資ができる」と聞くと興味が湧いてきませんか?

カウチポテトポートフォリオについては、リーマンショックも乗り越えた投資の大先輩である ななしさん(@_teeeeest)のブログでもその魅力が紹介されています。

ななしさんの投資に対するスタンスは投資初心者には必ずタメになりますので是非お立ち寄りください♪

読んだ後はこっちに帰ってきてくださいね(笑)

リスク資産は欲望のままに選べ!!

欲望のままに!というのは少し煽りすぎですが、先ほども説明した通り、リスク資産は基本的に自分の好きなものに投資してOKです。

自分の好きなものに投資してリスクは大丈夫なの?

こちらは株式の過去20年のリターンとリスクを地域別に表したものです。

超ザックリとみると、どの地域の株式もリスクは20%前後であることが分かります。

ということは、株式はどんな配分で組み合わせようが、どれだけ詳細に分散しようが、結局リスクは20%前後に落ち着くので大差ないということを意味します。

↓リスクについてよく分からない方はこちら↓

【用語解説】リスク(標準偏差)投資におけるリスクは「危険」ではなく、利益の変動幅のことを指します。そんなリスクの見方について詳しく解説します。...

事実、10年前の歴史的大暴落であるリーマンショック時は米国集中した場合・全世界に分散した場合のどちらも同じだけ暴落しています。

  1. 株式はどこに投資しても暴落率に大差はない
  2. リスクは残り半分の無リスク資産で管理する

→結果、リスク資産は好きなところに投資したら良い

という作戦です。

流行りの金融商品に躊躇なく投資できる

今年はグローバル3倍3分法ファンドが流行ったり、SBIバンガードS&P500が衝撃的な低コストで登場するなど、日々魅力的な商品が登場してきます。

カウチポテトポートフォリオは基本的にこのような流行りを我慢することなく投資してもいいというのはとても魅力的ですね。

僕もこれからSPYDやVYMなどの高配当ETFにトライしてみようと思っています。

大暴落に巻き込まれても資産額の減少は半分で済む

暴落時はどれくらい資産を守ってくれるの?

計算は超簡単!

現金は国内では価格変動しないので、比率が50%なら資産額の減少率は半分になります。

こちらは現金比率別の米国株(S&P500)のリーマンショック時の損益を比較したものです。

表を見ると、フルインベスト(全力投資)の場合は含み損が最大で150万円弱ですが、現金比率50%であれば半分の約70万円なのが分かりますね。

これが総資産額が1,000万円で大暴落に巻き込まれた場合、全てリスク資産だと総資産額は500万円まで減ってしまいますが、現金比率50%だと750万円で済むんです。

この差は大きいね!

このようにカウチポテトポートフォリオは暴落対策としてもとても優秀なんですよ。

大暴落対策を大公開|来るとわかっているなら今のうちに準備しよう長期投資をしていると必ず遭遇する歴史的大暴落。残念ながらこの暴落を回避する方法はありません。回避できないのであれば今のうちに準備と対策をしておきましょう。この対策をするかしないかで将来のリターンは大きく変わりますよ!...

無リスク資産は国内債券でもOK

僕は無リスク資産を現金にしていますが、本来カウチポテトポートフォリオは無リスク資産の部分を国内債券を充てることが一般的です。

国内債券であれば、利回りも期待できるのでこちらで運用しても良いと思います。

ただし、為替の影響を受けるで外国債券は避けましょう。

円高により想定以上に資産額が目減りするリスクが発生し、カウチポテトポートフォリオ本来の力を発揮できない可能性がありますの要注意です。

↓暴落時の債券の働きについて詳細はこちら↓

債券が暴落時どれくらいクッションになるのか調べてみた日本国債券・先進国債券が暴落時に及ぼす影響と過去20年のリターンを債券比率ごとにそれぞれ調べてみました。どちらも暴落時のクッションにはなりますが、それぞれ特性が異なり一長一短があります。...

まとめ|リスク管理しながら好きなものに投資する

要点まとめ
  1. カウチポテトポートフォリオは怠け者の意
  2. ルールはシンプルでリスク資産・無リスク資産が半々するだけ!
  3. リスク資産は基本的に好きなものに投資できる
  4. 暴落時は無リスク資産が強力な盾となる

カウチポテトポートフォリオは「怠け者」という意味ながらも、しっかりとリスク対策をしながらも、好きな銘柄に投資できるという投資初心者の方にオススメできる投資方法です。

そんなカウチポテトポートフォリオにデメリットはないの?

万能な投資方法など存在しないので、もちろんデメリットも存在します。

カウチポテトポートフォリオのデメリット

  1. 長期の上昇相場では効率が悪い
  2. 資産額が大きくなると無リスク資産の確保が大変

暴落時のディフェンスを重視した方法なので、現在の米国株ような上昇相場がこれから10年(長期間)続くのであれば、カウチポテトポートフォリオは効率的に資産を増やすことはできません

↓メリット・デメリットはコチラにまとめてあります↓

現金比率50% vs フルインベスト|現金比率が資産に与える影響を調べてみた米国株(S&P500)に全力投資した場合、現金比率30%、50%でそれぞれ投資した場合の過去20年のリスクとリターンを比較し、現金比率が米国株投資に与える影響を調べて、「現金比率50%」のメリット・デメリットを考察します。...

しかし米国株は既に10年以上も上昇相場が続いており、いつ景気後退してもおかしくないといわれています。
もしかしたら、とんでもない大暴落がすぐそこまで迫っているかもしれません。

そんな状況である今だからこそ、リスク管理をしながら好きなものに投資できるカウチポテトポートフォリオを試してみてはいかがでしょうか?

 

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。

↓よろしければ応援クリックをお願いします!↓にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ