2.投資信託で運用

つみたてNISAで最も低リスク!?DCニッセイワールドセレクトファンドの実力を検証してみた

つみたてNISAで投資を始めたいけど、損したくないから安全なヤツ教えて!

残念ながら、つみたてNISAにはそんな銘柄はありません。

何をもって安全とするかは人それぞれですが、つみたてNISAによる資産形成は含み損を繰り返しながら資産を増やす方法なので、運用している限り必ず含み損を抱えます。

つみたてNISAは決してローリスクな投資方法ではないんです。

ただ、低リスクな銘柄を選ぶことによって含み損の度合いを緩和させることは可能です。

楽天証券つみたてNISA銘柄リスク度ランキング10

こちらは前回の記事で大きな反響をいただいた楽天証券で購入できる つみたてNISA低リスク銘柄トップ10です。

このランキングで見事1位に輝いたDCニッセイワールドセレクトファンド(安定型)は楽天証券で買えるつみたてNISA銘柄の中で最も低リスク(計算上は)な銘柄で、リーマンショック時の暴落率は大人気の米国株式の5分の1程度です。

↓低リスクランキングはこちら↓

楽天証券で買えるつみたてNISA銘柄リスク度ランキング
楽天証券で買える|つみたてNISA銘柄【リスク度】ランキング楽天証券購入できる つみたてNISA銘柄をリスク順にランキングしました。今投資している銘柄が暴落時はどれくらい下落するのかあなたは知っていますか?これを機にリスクについて考えてみましょう。...

このDCニッセイワールドセレクトファンドは1位に輝いた「安定型」の他にも「債券重視型」「標準型」「株式重視型」が存在し、そのすべてが低リスクランキングにランクインしています。

つみたてNISA銘柄には損をしない安全な銘柄は存在しませんが、今回はつみたてNISA銘柄の中ではリスクの低いDCニッセイワールドセレクトファンドの実力について紹介したいと思います。

この記事を読んで分かること

  • 低リスク銘柄であるDCニッセイワールドセレクトファンド
  • 過去17年の積立シミュレーション
  • 米国株式S&P500との比較

この記事を読んでほしい人

  • なるべく低リスクな銘柄に投資したい方
  • つみたてNISAでとりあえず米国株に投資している方

先に結論を言いますと、「債券重視型」「標準型」「株式重視型」はいずれも米国株S&P500より暴落リスクが低いことが分かりました。

ただし、どのファンドもリーマンショック時は約4年程含み損を抱える時期があります。

低リスク1位の「安定型」に関しては販売開始から3年未満なので十分なデータではありませんが、直近3年で言えばかなり低リスク(ただし低リターン)な結果となりました。

ニッセイワールドセレクトファンド、円建てS&P500、価格推移

こちらはDCニッセイワールドセレクトファンドシリーズの設定来からの価格推移と円建てS&P500の価格推移を比較したものです。

円建てS&P500と比べるとリーマンショック時の下落率が大きく抑えられていることが分かりますね。

それでは、このDCニッセイワールドセレクトファンドシリーズの詳細、積み立てたらどうなるのかを見ていきましょう。

DCニッセイワールドセレクトファンドシリーズの概要

ニッセイワールドセレクトファンド、円建てS&P500、価格推移
出展:DCニッセイワールドセレクトファンド目論見書

DCニッセイワールドセレクトファンドシリーズは、マザーファンドを通じて実質的に国内株式・国内債券・外国株式・外国債券に投資する投資信託です。

上の表には「安定型」が入ってませんが、同様に運用されます。

DCニッセイワールドセレクトファンド信託報酬、実質コスト

こちらは信託報酬と2019年運用報告書に記載されてた実質コストです。

信託報酬はシリーズ統一で0.154%ですが、実質コストは株式比率が高い銘柄が高めとなっています。

eMAXISシリーズと比べると見劣りしますが、十分に低コストと言えますね。

↓信託報酬・実質コストについて詳細はこちら↓

【用語解説】信託報酬(しんたくほうしゅう)投資信託で資産運用するうえで、最も大きなウェイトを占める費用である「信託報酬」について詳しく解説します。...
【用語解説】実質コスト・隠れコスト(じっしつこすと・かくれこすと)投資信託の実質コスト・隠れコストについて詳しく解説しています。信託報酬の陰に別の費用が隠れているのでしっかり確認しておきましょう。...

リスクに応じて4種類の資産配分

ニッセイワールドセレクトファンド、シリーズ別アセットアロケーション2
ニッセイワールドセレクトファンド、シリーズ別アセットアロケーション

こちらはシリーズ別のアセットアロケーション(資産配分)です。

最もリスクが抑えられた「安定型」は85%が債券という配分になっています。

対してリターンを狙った「株式重視型」は株式が70%を占め、債券は25%に抑えられています。

安定型は純資産額が少ない

ニッセイワールドセレクトファンド純資産額

こちらはDCニッセイワールドセレクトファンドの2020.1.11時点の純資産額です。

安定型は販売されて3年未満ということもあって純資産額は約30億円と少な目です。

暴落したらみんな売却して早期償還(全額払い戻し)するリスクはないの?

純資産額が少ないと早期償還リスクというのはついて回りますが、安定型はリーマンショック級の暴落でも1割程度の下落で済むような資産配分になっていますので、大暴落が来ても早期償還する可能性は低いと思っています。

毎月1万円積み立てシミュレーション

恒例となりました、毎月1万円積み立てシミュレーションです。

比較対象として円建S&P500の積み立てデータも入れています。

シミュレーション条件

DCニッセイワールドセレクトファンドシリーズに毎月1万円を17年積み立てた場合のリターンとリスクを算出

  1. チャートは公式HPでダウンロードしたものを使用
  2. 円建てS&P500チャートはMacroTrendsInvesting.comのデータで作成
  3. 手数料は運用報告書に記載されている数値を使用
  4. S&P500はeMAXIS Slimの実質コストを使用
  5. インフレ・税金などは考慮しません

※簡易な計算なのでイメージとしてお楽しみください(^^)

安定型は運用期間が短いため別途ご紹介します。

さすがにリターンはS&P500に劣る

ニッセイワールドセレクトファンド積立シミュレーション

2003年から17年間毎月1万円積み立てた場合、元本205万円に対し

  • 債券重視型:280万円
  • 標準型:310万円
  • 株式重視型:340万円

という結果になりました。

それに対し、円建てS&P500は460万円でした。

2013年辺りから一気に差が開くね。
これならS&P500に投資した方が良いんじゃない?

このグラフを見るとそう思う方も多いことでしょう。

では、リーマンショック前後にフォーカスして見てみましょう。

暴落時の下落率は債券によって緩和される

ニッセイワールドセレクトファンドリーマンショック前後

こちらは先ほどのグラフのリーマンショック前後を切り取ったものです。

S&P500の暴落っぷりがハンパない(;゚Д゚)

リーマンショックで激しく下落する円建てS&P500に対し、低リスクな債券重視型なら5分の1、最もハイリスクな株式重視型でも約半分に下落率が抑えられていることが分かります。

↓暴落時の債券の働きについてはこちら↓

債券が暴落時どれくらいクッションになるのか調べてみた日本国債券・先進国債券が暴落時に及ぼす影響と過去20年のリターンを債券比率ごとにそれぞれ調べてみました。どちらも暴落時のクッションにはなりますが、それぞれ特性が異なり一長一短があります。...

今回は月1万円積み立てで運用開始の序盤なので金額的には少ないですが、積立資産が大きくなればなるほど被害は甚大になります。

特に、歳を重ねた投資期間の終盤での暴落は、場合によっては人生を狂わせる可能性もあるので十分注意しましょう。

米国株ケーススタディ|45歳で大暴落に巻き込まれたらどうなる?ケーススタディと題して45歳・資産1,500万円の時点でITバブル→バブル崩壊に巻き込まれた場合の資産額推移を試算しました。フルインベストでガンガン積み上げている方も、年齢や資産額の上昇に合わせてリスクコントロールは必須です。これを機に10年後の暴落について考えてみてはいかがでしょうか?...
米国株ケーススタディ|65歳で大暴落に巻き込まれた場合の出口戦略ケーススタディと題して65歳・資産3,000万円の時点でITバブル→バブル崩壊に巻き込まれた場合の資産額推移を試算しました。フルインベストでガンガン積み上げている方も、年齢や資産額の上昇に合わせてリスクコントロールは必須です。これを機に老後の暴落について考えてみてはいかがでしょうか?...

ただ、リスクの低い債券重視型であっても、リーマンショックほどの大暴落に巻き込まれると4年程度含み損を抱える期間があるというのは意外な結果でした。

リスクの低い債券と言えど、含み損を抱える可能性があることは頭に入れておきたいですね。

安定型は超安定

こちらは「安定型」の積み立てシミュレーションです。

2年半のデータなのでこれだけでの判断は難しいですが、2018年末の下落時もほとんど影響はなく、かなり安定していることが分かります。

ただし、米国株が絶好調だった2019年も資産が大きく増えることはなく、2年半の平均リターンは約1%と少し物足りない結果となっています。

シリーズ別リターン・リスク比較

こちらは2003年1月~2019年12月で毎月1万円積み立てた場合の平均リターンとリスクの一覧表です。(安定型は2017年7月~)

リスクは円建てS&P500と比べて標準型で半分、債券重視型なら3分の1程度に抑えられていますね。

ただ、比例してリターンも抑えられるので、自分がどこまでリスクを負えるのかを考えて自分に合った銘柄を選択したいですね。

↓リスクの詳細と測り方はこちら↓

あなたはどこまで耐えられる?自分のリスク許容度の調べ方投資先のリスクを数値化し、あなたが暴落時にどこまで耐えられるのかを調べる方法を解説します。投資で重要なのはリターンよりリスクです。リスク管理をして失敗しない投資ライフを楽しみましょう。...

まとめ|基準は自分がどこまで耐えられるのか

要点まとめ

DCニッセイワールドセレクトファンドシリーズは

  1. リスクに応じて4種類の銘柄がある
  2. 安定型はかなりローリスク・ローリターン
  3. S&P500と比べリターンは劣るが、暴落時の下落率はかなり抑えられる

自分のリスク許容度に応じた銘柄選択をしよう!

今回のシミュレーションではリーマンショックのあった2008年が一番成績が悪く、円建てS&P500は-55%も資産を減らしました。

リスクを抑制した債券重視型でも約20%も下落しています。

何となく米国株に投資しているそこのアナタ!!

自分の大切な資産が本当に半分以上減っても耐えられますか?

  • 資産1,000万円なら1年で約450万円まで減りますよ!
  • 2,000万円なら約900万円ですよ。
  • 職を失ったり、給料が下がるリスクを忘れていませんか?

年齢が若く、比較的に資産が少ない状況であれば耐えられるかもしれませんが、積立投資は30年級の超長期投資です。

投資するにあたり最も重要視するべきは

リターンよりリスク

まず荒波の投資界で生き残ることを最優先に考えましょう。

これまで安易に米国株に投資してきた方、これから つみたてNISAを始めたいけどリスクが怖い方はDCニッセイワールドセレクトファンドを選択肢の一つとして検討してみてはいかが?

↓リスク管理の関連記事↓

現金比率50%は怠け者向け!?カウチポテトポートフォリオの魅力現金比率50%・カウチポテトポートフォリオの魅力についてご紹介します。怠け者の意であるカウチポテトは、しっかりとリスク対策をしながらも、好きな銘柄に投資できるという投資初心者の方にオススメできる投資方法です。...
初心者が積立投資で失敗しない秘訣3選!初心者が積立投資で失敗しない秘訣をまとめました!失敗しない秘訣には「投資の知識」や「相場を読む力」などの「知識と能力」はあまり必要ではなく、「忍耐力と精神力」などの「耐えく気持ち」の方が大切です。...

リスク管理をしっかりして つみたてNISAを始めよう

今回は「つみたてNISA」比較的な低リスクな銘柄「DCニッセイワールドセレクトファンドシリーズ」を紹介しました。

つみたてNISAは通常、投資で得た利益には約20%かかる税金がが非課税となる超お得な制度なのです。

資産運用を検討しているなら、リスクを管理しながらつみたてNISAを始めてみませんか?

僕は還元率が高く、楽天ポイント(普段の買い物ポイント)で投資ができる楽天証券でつみたてNISAを運用しています。

↓口座開設(無料)はこちら↓

※最短5分で登録できます
楽天証券

↓楽天証券の詳細はこちら↓

30年で100万円お得!?楽天証券は買い物ポイントで投資できる最強の証券会社楽天証券がおすすめ理由を簡単に説明すると「楽天証券ではカード決済が可能で1%のポイント還元される」「普段の買い物などで得たポイントも併せて投資信託を購入できる」の2点です。この理由だけで楽天証券を選択する理由になるほどお得なサービスです。...

↓つみたてNISAについての詳細はこちら↓

知識ゼロから始める「つみたてNISA」完全ガイドつみたてNISAの制度の解説からメリット・デメリット、失敗しない秘訣や始め方を網羅した完全ガイドです。...

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。

↓よろしければ応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ