1-1.長期投資の基礎知識

インデックス投資|ポートフォリオからリスクとリターンを導く方法

ポートフォリオからリスクとリターンを導き出す方法

↓応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

インデックス投資を始めてみたものの、今のポートフォリオで正しいのだろうか?

投資を始める時に「どんなポートフォリオにするのか?」、始めた後は「今のポートフォリオでいいのか?」

悩ましいですよね(;^_^A

投資初心者が必ず通る道だと思います。

実際のところ、投資をする人の収入や生活環境などによってゴールが異なるので、全員に当てはまる「正解」というものはありません。

しかし、

  1. どれくらいリスクがあるのか
  2. 過去実績でどれくらいリターンがあったのか
  3. これから先、どれくらいの確率でどの程度増えるのか

というのは、ポートフォリオから簡単に算出することができるんですよ。

キーワードは

アセットアロケーション

ポートフォリオと混同している方も多いですが、似て非なるもの。

そして、投資をする上で非常に重要なワードです。

資産配分(アセットアロケーション)がすべての勝敗を決める

銘柄選択や投資タイミングではなく、資産配分(アセットアロケーション)によって投資成果がほぼ決まってしまう

出展:お金は寝かせて増やしなさい

え、アセットアロケーションで投資の成果が決まってしまうの?

様々な書籍で書かれていますが、アセットアロケーションで保有している資産の9割を説明できるといわれています。

なので、投資をする上で自分の投資先のアセットアロケーションを把握しておくことは非常に重要なのです。

ポートフォリオからアセットアロケーションを導き出すことで、自分の投資先について色々なことが見えてくるんです。

ということで、今回はアセットアロケーションの重要性と、ポートフォリオからアセットアロケーションを算出する方法をご紹介します。

この記事を読んでわかること

  • ポートフォリオとアセットアロケーションの違い
  • ポートフォリオよりアセットアロケーションが大事な理由
  • アセットアロケーションがあればおおよそのリターンとリスクを算出できる

この記事を読んでほしい人

  • どんなポートフォリオを組めばいいのか迷っている方
  • 今のポートフォリオで良いのか悩んでいる方

ポートフォリオとアセットアロケーションの違い

ポートフォリオとアセットアロケーションって何が違うの?

インデックス投資において、ポートフォリオと似たようなこと言葉でよく使われるアセットアロケーション。
この2つは同じだと思っている方が意外と多いですが、実は別物なんです。

それではそれぞれの違いを確認していきましょう。

ポートフォリオは具体的な金融商品の割合

ポートフォリオ

金融商品の組み合わせのことで、「楽天・全米株式インデックスファンド」のようにに具体的な商品名の組み合わせのことを指し、投資先の分散具合を表します。

例えば、

  • 楽天・全世界株式インデックスファンド 40万円
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 30万円
  • ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型) 30万円

といった商品に投資していた場合、ポートフォリオは下のようなグラフになります。

アセットアロケーションは資産の種類をグループ別けしたもの

アセットアロケーション

資産(アセット)を配分(アロケーション)するという意味があります。

運用している金融商品を「先進国株」や「新興国株」、「先進国債権」や「新興国債券」など地域ごとの資産の種類をグループ分けすることを指します。

先ほどのポートフォリオをアセットアロケーションに変換すると下のようなグラフになります。


出展:東北投信 ピザロ

各商品を分解し資産ごとにグループ分けすることによって、何に投資をしているかが明確化されるのです。

これがアセットアロケーションとポートフォリオとの違いです。

アセットアロケーションでリターンとリスクが分かる

それぞれの違いは理解できたけど、なんでアセットアロケーションが大事なの?

それは、アセットアロケーションからおおよそのリスクとリターンを算出できるからです。

リスクとリターンが分かると、より現実的な資産形成の計画を立てることができますよね。

なんとなーく投資する場合と、リスクとリターンを把握して投資する場合とでは、どちらが目標に到達できる可能性が高いと思いますか?

これがアセットアロケーションが重要と言われる所以なのです。

アセットクラス(資産の種類)のリターンとリスク

アセットクラス

投資対象となる資産の種類や分類をグループ分けしたもので、具体的には、株式、債券、不動産、貴金属、現預金などを指し、さらに地域ごと(先進国株式や新興国債券など)に別ける場合もあります。

これらのアセットクラスは、過去の実績からそれぞれ平均リターンやリスクが分かっているため、 ポートフォリオを分解し、アセットクラスの配分を見ることで大体の特性(リターンやリスク)が分かるようになっています。

それぞれのリターンとリスクを一覧にすると以下の通りです。

直近20年の各資産ごとのリターンリスク一覧表2
※データはmyINDEXのものを使用しています。

表では新興国債券がとても優秀に見えますが、多くのインデックス投信が連動している現地通貨建てではなく外貨建て新興国債券の指数であるため、実際に投資した場合に成績が大きく乖離する場合があります。

↓詳しくはこちら↓

ポートフォリオからリターンとリスクを算出する方法

アセットクラスのリスクとリターンは分かったけど、これだけじゃ自分のポートフォリオがどんな配分なのかは分かんないよね?

ここでは2つの無料WEBツールを使用して、ポートフォリオからリスクとリターンを算出する方法を紹介します。

具体的な手順は

  1. ポートフォリオをアセットアロケーションに変換する
  2. 変換したアセットアロケーションからリターンとリスクを算出する

どちらもツールで簡単に行えます♪

今回は例として、つみたてNISAでも大人気のeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の過去20年のリスクとリターンを算出してみたいと思います。

ポートフォリオをアセットアロケーションに変換する

無料のWEBツール「ピザロ!!」を使用して算出します。

↓無料WEBツール「ピザロ」はこちら↓

(バナーをクリックするとジャンプできます)

 

①まずピザロ!!の中に予めセットされている銘柄を選びます。

②金額を入力します(銘柄が1つの場合は何円でもOK)

③お好みのトッピングを選んだらシェフにお願いします。
※今回はトッピングなしにしています

④あっという間に出来上がり♪

アセットアロケーションからリターンとリスクを算出

今度は無料WEBツール「myINDEX」を使用します。


(バナーをクリックするとジャンプできます)
※要登録ですが無料で使用できます。

 

ピザロ!!で算出したアセットアロケーションを入力して「ポートフォリオを作る」を押します。

②はい、できあがり♪

2つのツールを使用し、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)のリスクとリターンを算出すると

  • 過去20年の平均リターン 4.4%
  • 過去20年の平均リスク 18.7%

ということが分かりました。

リターンとリスクの読み取り方

平均リターン4.4%の意味は分かるけど、リスク18.7%ってどういう意味?

【リターン4.4%・リスク18.7%】の場合、1年後に約7割の確率でリターン4.4%を中心に±18.7%価格が変動するということを意味します。

もう少しかみ砕いて言うと、「1年後の平均的なリターン予想は4.4%だけど、運用がうまくいけば23%、悪く転べば-14%になることもある」といったイメージです。

↓リスクの読み取り方について詳しくはこちら↓

あなたはどこまで耐えられる?自分のリスク許容度の調べ方あなたが投資している銘柄のリスクを数値化し、暴落時にどこまで耐えられるのかを調べる方法を解説します。投資で重要なのはリターンよりリスクです。リスク管理をして失敗しない投資ライフを楽しみましょう。...

これを自分の資産に当てはめて考えてみましょう。

100万円投資すると、平均リターンは4.4%で、上手くいけば123万円に増えて、悪く転べば86万円まで減るのか・・。

これなら耐えられそう!

耐えられそうであれば、ひとまず投資先としては合格です。

予想される価格変動に耐えられそうにないのであれば、リスクの低い銘柄への変更を検討してみましょう。

【実録】コロナショックで見る暴落に強い つみたてNISA銘柄(5/20時点)コロナショックで大きく下落した銘柄・しなかった銘柄を調べてみました。積立シミュレーションも行ったところ、荒れた相場ではバランスファンドが優秀なことが浮かび上がってきました。...
楽天証券で買えるつみたてNISA銘柄リスク度ランキング
楽天証券で買える|つみたてNISA銘柄【リスク度】ランキング楽天証券購入できる つみたてNISA銘柄をリスク順にランキングしました。今投資している銘柄が暴落時はどれくらい下落するのかあなたは知っていますか?これを機にリスクについて考えてみましょう。...

乱数を使ったシミュレーション

myINDEXは過去20年の過去実績を使用してリターンとリスクを算出しましたが、リターンとリスクを基に乱数シミュレータを使用すると「利益の中央値」「元本割れの確率」なども簡単に算出できます。

↓乱数シミュレータ「アセロラ!!」↓

(バナーをクリックするとジャンプします)

myINDEXと同様にアセットアロケーションの割合を入力するだけで簡単にシミュレーションできます。

↓乱数シミュレータ「アセロラ!!」の詳細はこちら↓

将来を予想する無料ツール「アセロラ!!」を使ってみよう将来シミュレータ「アセロラ!!」をご紹介します。 利回り・リスクの算出はもちろん、元本割れの確率も簡単に算出できる超便利ツールです。これまで何となく投資してきた方は一度お試しあれ!...

まとめ|自分がドコの何に投資しているのか把握しよう

ランキング
要点まとめ
  1. ポートフォリオは金融商品の組み合わせ
  2. アセットアロケーションは資産の種類の組み合わせ
  3. アセットアロケーションが分かるとリターンとリスクが分かる
  4. リターンとリスクを基に将来を考える

ポートフォリオからリターンとリスクを算出すると、

今の投資先で

  • 将来の目標金額に届くかどうか
  • 価格変動に自分が耐えられるかどうか

が大まかに見えてきます。

これまで、なんとなーく投資してきたのであれば、これを機に自分の投資先のリターンとリスクを調べてみませんか?

これから始めるなら つみたてNISAから始めよう

資産運用を検討しているなら つみたてNISAを始めてみませんか?

僕は還元率が高く、楽天ポイント(普段の買い物ポイント)で投資ができる楽天証券でつみたてNISAを運用しています。

↓口座開設(無料)はこちら↓

※最短5分で登録できます
楽天証券

↓楽天証券の詳細はこちら↓

30年で100万円お得!?楽天証券は買い物ポイントで投資できる最強の証券会社楽天証券がおすすめ理由を簡単に説明すると「楽天証券ではカード決済が可能で1%のポイント還元される」「普段の買い物などで得たポイントも併せて投資信託を購入できる」の2点です。この理由だけで楽天証券を選択する理由になるほどお得なサービスです。...

↓つみたてNISAについての詳細はこちら↓

知識ゼロから始める「つみたてNISA」完全ガイドつみたてNISAの制度の解説からメリット・デメリット、失敗しない秘訣や始め方を網羅した完全ガイドです。...

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。

↓よろしければ応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国株頂上決戦!楽天VTIはS&P500より暴落に強い!米国株インデックスを二分するVTI、S&P500。両者の違いは暴落時の動きにあります。過去チャートを使用しシミュレーションして結果、楽天VTIの方が暴落に強いという結論が導き出されます。...
始めるべき?待つべき?暴落中の今は投資の始め時なのか考えてみるコロナショックにより暴落が起きている今、投資を始めるべきなのか、待つべきなのかを考察してみました。今は確かにバーゲン中ですが、嵐の中の船出となることを認識しておきましょう。...
暴落に強いカウチポテトポートフォリオ
暴落に強い!!カウチポテトポートフォリオの魅力現金比率50%・カウチポテトポートフォリオの魅力についてご紹介します。怠け者の意であるカウチポテトは、しっかりとリスク対策をしながらも、好きな銘柄に投資できるという投資初心者の方にオススメできる投資方法です。...