2.投資信託で運用

米国株S&P500は10~20年間隔で好調・不調を繰り返す

米国株S&P500は10~20年間隔で好調・不調を繰り返す

↓応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

これまで米国株インデックスS&P500の様々な検証をやってきましたが、ついにネタ切れ(;^_^A

Twitterでネタを募集したところローンウルフさん(@LONE_WOLF_R)から面白い案を頂きました♪

ということで今回は米国株インデックスS&P500のチャートを使用して、好調or不調の20年の後のリターンを調べてみました。

小型株も検証してみたかったのですが、超長期チャートが手に入らなかったため、今回は大型株(S&P500)での検証です。

シミュレーション条件

1931年~2020年のS&P500チャートを使用し20年ごとに比較しました。

  1. S&P500はMacroTrendsでダウンロードしたものを使用
  2. 月に一度しか価格を拾わない月次チャートを使用しています
  3. インフレ・為替・分配金は考慮しない
  4. S&P500の成長率をリターンと表現しています
  5. 平均リターンは幾何計算で算出

※簡易な計算なのでイメージとしてお楽しみください(^^)

S&P500は20年サイクルで好調・不調を繰り返す

ドル建てS&P500・20年チャート比較

先ずはS&P500を10年ごとの20年チャートを並べてみました。

1981年からの20年が半端ない!

期間の最後にITバブルの絶頂を迎えた(暴落始まってるけど)1981年~2000年が圧倒的なリターンでした。

次いで1941年からの20年。

ITバブルが崩壊し崩壊、その後リーマンショックというダブルパンチが期間の前半に来てしまった直近20年のリターンは90年の内、下から3番目でした。

20年代別S&P500リターン・リスク・シャープレシオ

こちらは先ほどのチャートを基に年代別のリターン・リスクを計算したものです。(幾何計算で算出しています)

平均リターンで見るとチャートとは少し景色が変わるね。

この表だと期間が重複しているので、ここからバラして繋げてみます。

20年代別年平均リターンS&P50020年代別S&P500リターン・リスク・シャープレシオ1
好調と不調が交互に来てる!

1971年~1990年の平均4.3%で不調というのも酷ですが、ハイリターンだった20年の後の20年はローリターンで、その次の20年はハイリターンになっていますね。

20年間隔だと検証開始時期によって結果が変わりそうなので、10年ずらしてみましょう。

20年代別年平均リターン2S&P50020年代別S&P500リターン・リスク・シャープレシオ6
さっきよりキレイなジグザグになった!

2000年がITバブルの頂点なので、こちらの方が好調・不調がはっきり出ましたね。

1931年~2020年の約90年のS&P500チャートで検証した結果、

  • 好調な20年の後の20年は不調
  • 不調な20年の後の20年は好調

という結果となりました。

思ったよりキレイに傾向がでて面白いですね(^^)

10年、30年間隔でも検証してみた

20年間隔は長すぎてイメージ湧きにくいから10年間隔も見てみたい!

と思ったので、ついでに10年間隔でも検証してみました。

10年間隔でも20年サイクルが浮かび上がる

ドル建てS&P500・10年チャート比較10年代別S&P500リターン・リスク・シャープレシオ1

10年ごとのチャートとそれぞれの平均リターン・リスク・シャープレシオです。

10年単位だと全然儲からない時期があるのね(;゚Д゚)

1%台が2回、世界大恐慌中だった1931年からの10年はマイナスです。。

しかも今回は為替やインフレを考慮していないので、実際のリターンはもっと低いです。

↓詳しくはこちら↓

米国株インデックスはあなたが思っているほど儲からない!!
米国株S&P500やVTIはあなたが思っているほど儲からないネットにはS&P500の平均リターンは7%や8%など希望に満ちた数値で溢れていますが、実際はその通り資産が増えるわけではありません。今回はその理由をシミュレーションを交えてご紹介します。...

話がそれたので本題に戻しますね。

上の表を分かりやすくグラフにしてみました。

10年代別年平均リターンS&P500
ここでも大体20年間隔になってる!

概ね20年間隔でキレイに上下していいるのは面白いですね!

ただ、2000年以降はサイクルが早まって10年で上下したようです。

30年間隔だとサイクルが見えない

ドル建てS&P500の30年代別チャート比較ドル建てS&P500の30年代別リターンリスクシャープレシオ

10年ごとのチャートとそれぞれの平均リターン・リスク・シャープレシオです。

30年の長期となると、平均回帰が進むため平均リターンの差が小さくなってきました。

バラして繋げてみると。

30年代別年平均リターンS&P500

うーん、よくわからん(笑)

今回は省略していますが、時期をずらしてもハッキリした傾向は出てきませんでした。

20年周期を30年で見ているので当たり前といえば当たり前か。

まとめ|S&P500は約20年サイクルで好不調を繰り返している

20年代別年平均リターンS&P5003
要点まとめ
  1. 米国株S&P500で好調な20年の後の20年は不調
  2. 米国株S&P500で不調な20年の後の20年は好調
  3. 過去90年のチャートで見ると米国株S&P500には20年前後の周期で好不調の波がある

ローンウルフさん(@LONE_WOLF_R)、S&P500には割とはっきりとした好不調の波がありました!

1927年-2020年ドル建てS&P500チャート

こちらはS&P500の約90年間のチャートです。

チャートだけ見ると直近20年以前の好不調の波は分かりませんが、10年・20年に分割して並べると傾向が見えてくるのは面白いですね♪

ただし、今回の検証は全て過去の実績です。

未来がどうなるかは誰にも分かりません。

歴史は韻を踏むなんて言われますが、今後も同じようなサイクルで循環するという保証はありませんのでご注意ください。

これからの20年はどうなるか、みんなが幸せになることを祈りながら一緒に歩んでいきましょう♪

 

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。

よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ