積立投資

WealthNavi(ウェルスナビ)をしている人はつみたてNISAもやってみよう!

ウェルスナビを始めて半年くらい経ってくると、ウェルスナビはどこに投資をしているんだ?とか、手数料1%ってどうなんだ?とか気になっていろいろ調べている方は多いのではないでしょうか?

ぼくも同じで、ウェルスナビを始めて半年あたりからいろいろ気になり、「投資」というものにより興味がわいてきました。

今回はぼくのようにウェルスナビを始めたことをきっかけに、以前よりも「投資」に興味がわいてきた方向けの記事となります。

 

ウェルスナビについてまだ詳しく知らない、もっと知ってみたい方はこちら

WealthNavi(ウェルスナビ)は情弱向け商品?手数料高い?実績とデメリットを検証する最近、ウェルスナビやるなんて情弱だ!とか ウェルスナビでアフィリエイトする奴は金に心売ってるとか 情弱から搾取しているとか...
WealthNavi(ウェルスナビ)の取扱い金融商品(ETF)を知ろう|完全版投資の「と」の字を知らなくてもお手軽に投資を始められるウェルスナビ。 そのお手軽さゆえにウェルスナビが投資する金融商品について詳しく知...

つみたてNISAもやってみよう!

ウェルスナビで運用をされている方は「つみたてNISA」という言葉を聞いたことある方は多いと思いますが、何がどれくらいお得なのか知っていますか?

つみたてNISAとは

2018年1月にスタートした長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。年間40万円を上限に投資信託をつみたてることが可能(非課税で保有できる投資総額は最大800万円)で、ここで得た分配金と値上がりした後に売却して得た利益は、購入した年から20年間課税されません

で、この「購入から20年間非課税」というのが、とってもお得でみんな騒いでいるわけです。

税金|ウェルスナビ【20%】つみたてNISA【0%】

ちなみにウェルスナビ等の一般的な投資に対する分配金・売却益には、通常20.315%の税金(所得税+住民税+復興特別所得税)がかかりますが、つみたてNISAではこれがゼロになるのです。

10万円の利益が出た場合、ウェルスナビは税金を引かれ約8万円の利益ですが、つみたてNISAの場合は非課税となるので10万円がそのまま利益となるのです

利益に2割の差が出るというのは非常に大きいですね。

 

ウェルスナビと同じ金融商品を購入できる

ウェルスナビで運用をしている方につみたてNISAをオススメする理由の一つとして、同じ金融商品を買うことができることにあります。

リターンをグイグイ引っ張ってくれるウェルスナビ最強の金融商品である米国株(VTI)。

つみたてNISAではこの米国株(VTI)を購入することが可能なんです。

WealthNavi(ウェルスナビ)の取扱い金融商品(ETF)を知ろう|米国株VTI編投資の「と」の字を知らなくてもお手軽に投資を始められるウェルスナビ。 そのお手軽さゆえにウェルスナビが投資する金融商品について詳し...

しかも、ウェルスナビの手数料は1%ですが、つみたてNISAは投資信託を直接購入するので、実質費用0.311%と大幅にコスト削減することができるのです。

その差は0.689%!

え、たったそれだけ?と思う方もいるかもしれませんが、これを30年続けると資産額に1割以上の差が開くのです。

WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料は30年で総額376万円!|投資信託とも比較してみた何かと話題になるウェルスナビの手数料。 高いのか、安いのか 今回は30年ウェルスナビで積み立てをした場合、総額で一体いくら手数料...

複利で支払う手数料はなるべく小さくすることは、積立投資をするうえで非常に重要な要素です。

 

つみたてNISA vs ウェルスナビ|20年後の利益は?

どれくらいの差が出るのかシミュレーションしてみました。

シミュレーション条件

  • つみたてNISA限度額40万円を20年積み立てる
  • 利回りはどちらも5%で計算

毎年40万円を積み立てて利回り5%で運用すると、元本800万円が複利の効果で20年後には1.7倍の1,390万円にもなります。

20年後にすべて売却した場合、利益は588万7701円となります。

これがウェルスナビ、つみたてNISAそれぞれの場合だと、

  • ウェルスナビは20.315%の税金が引かれるため469万1615円
  • つみたてNISAは非課税のため588万7701円

119万6086円の節税となり、その分利益が増えるのです。

う~ん、これはデカい!

 

欠点は低い限度額→ウェルスナビと併用運用しよう!

つみたてNISAのデメリットは1年間に積み立てられる限度額が40万円しかないことです。月で割ると約33,000円しか投資できないのです。

ぼくは30年後に3,000万円の資産を作ることを目標としていますが、年間40万円だと目標達成は正直かなり厳しいのが現実です。

より目標に近づくため、月5万円・年間60万円の積立をするとして、その内の40万円をつみたてNISAで運用した場合、全てウェルスナビ運用とつみたてNISAの併用ではどれくらい利益の差がでるのかシミュレーションしてみました。

シミュレーション条件

  • 毎月5万円・年間60万円を20年積み立てる
  • 年間60万円の内、40万円はつみたてNISAを利用
  • 利回りはウェルスナビ・つみたてNISAともに5%で計算

毎年60万円を積み立てて利回り5%で運用すると、元本1,180万が複利の効果で20年後には1.7倍の2062万1551円になります。

20年後にすべて売却した場合、利益は882万1551円となります。

これがウェルスナビ、つみたてNISA併用それぞれの場合だと、

  • ウェルスナビは20.315%、179万2098円の税金
  • 併用の場合はつみたてNISA部分が非課税のため支払う税金は59万6012円

先ほどと同様に節税金額は119万6086円となり、利益17%もの差が生じます。

いや、これもデカい!

自分で購入という手間は増えますが、ウェルスナビと同じ金融商品が購入できるので、ウェルスナビユーザーはつみたてNISAも始めた方が絶対お得です。

 

つみたてNISAの始め方

つみたてNISAを始めるには証券会社への登録が必要です。

ウェルスナビと同じ金融商品である米国株(VTI)は楽天証券の投資信託で購入が可能で「楽天・全米株式インデックス・ファンド」という商品名で販売されています。

楽天証券はカード決済が可能で、1%のポイントも付き、さらにそのポイントで投資信託を購入できるので、つみたてNISAを始める以外のメリットも大きいです。

楽天証券で口座開設をする

ウェルスナビで資産運用されている方は、是非この機会につみたてNISAも始めることをお勧めします!

これから投資を始めたい方へ

投資の知識は全くないけど、これから投資を始めたいという方にとってウェルスナビはオススメの投資方法ですが、利益が非課税であることを考えるとファーストチョイスはつみたてNISAの方が良いと思います。

楽天証券で口座開設をする

ウェルスナビは簡単に言うと積立投資を外注する商品です。その分費用がかかりますが、何も知らずに始めるよりは火傷をする可能性はかなり低くなります

どの商品を買っていいか分からない、投資の勉強する時間がない、ほったらかしで運用したい、という方にお勧めしてます。

ウェルスナビについて詳しく知りたい方はこちら

WealthNavi(ウェルスナビ)は情弱向け商品?手数料高い?実績とデメリットを検証する最近、ウェルスナビやるなんて情弱だ!とか ウェルスナビでアフィリエイトする奴は金に心売ってるとか 情弱から搾取しているとか...

つみたてNISAの併用運用で投資を始めてみたいという方は試してみてはいかがでしょうか?


にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村