つみたてNISA

楽天証券で買える つみたてNISA オススメ投資信託

これから積立NISAを始めようか悩んでいる方、なんの投資信託で運用を始めようか迷っている方、多いと思います。

今回は楽天証券で購入できるオススメ投資信託をご紹介します。

この記事をよんでわかること

  • 楽天証券で一番オススメの投資信託は楽天VTI(米国株式)
  • 積立NISA枠は一番リターンの期待値の高い米国株に全額投資がオススメ
  • 分散リスクが気になる方には楽天VT(全世界株式)

証券会社によって、購入できる投資信託は異なります。

せっかく楽天証券でつみたてNISAをするのなら、自社製の投資信託を選びたいですね。
その中でも、一番のオススメは当ブログでも何度もオススメしている楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)です。

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)とは

VTIとは「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」の略で、組み入れ銘柄数は約3,500銘柄、VTIだけで米国株式のほぼ100%をカバーでき、米国経済の成長そのものを商品化したようなものです。

そしてこのVTIを少額からでも投資可能にした投資信託版が楽天VTIなのです。

楽天VTIにはアップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット(google)等、そうそうたる企業が含まれてます。

iphoneやMacがなくなって、会社のPCもwindowsではなくなって、アマゾンで買い物もできなければgoogle検索もできない。こんな世の中想像できますか?

楽天VTIの敗北はこれら世界の中核を担う企業の敗北を意味します。

そして、積立シミュレーションをしてみましたが、過去10年の年平均利回りは8.82%と圧倒的です!

それだけスゴい銘柄が組み込まれているのが楽天VTIなのです。

↓楽天VTIの利回りなど詳細を知りたい方はこちら↓

楽天VTIの利回りは?過去実績でいくら儲かるのかシミュレーションしてみた楽天VTI(全米株式)のリターンを5・10・15年でシミュレーションしました。過去10年間の年平均利回りは歴史的大暴落リーマンショックを経験しながらも驚愕の8.82%(手数料含む)です!きになるS&P500との比較もしています。...

eMAXISSlim米国株式(S&P500)も超優秀

つみたてNISAで投資可能な米国株商品で楽天VTIと双璧を成すeMAXIS Slim米国株式(S&P500)という商品があります。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)とは

ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、NASDAQに上場している米国企業で、時価総額の大きい500銘柄で構成されているETFを少額からでも投資可能にした投資信託版です。

この500社で米国株式の時価総額の約80%を占めており、これまで凄まじい成績を上げている非常に優秀な金融商品です。

簡単に言うとS&P500は楽天VTIの中の大型株(大企業)500社だけを抜き出した商品です。

↓S&P500について利回りなどもっと詳しく知りたい方はこちら↓

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) の利回りは?過去実績でシミュレーションしてみた!eMAXIS Slim S&P500(全米株式)のリターンを5・10・15年でシミュレーションしました。過去10年間の年平均利回りは手数料を考慮しても驚愕の8.85%です!気になる楽天VTIとの実績比較もしています。...

大型株のみのS&P500か、小型株も含む楽天VTIか、は意見が分かれるところですが、どちらも凄まじい実績を持つ商品なので、実際に調べてみて、自分のフィーリングの合う方を選べばいいと思います。

↓楽天VTIとS&P500の比較をしているので詳しくはこちらをお読みください↓

楽天VTIとeMAXIS Slim S&P500は長期実績だと楽天VTIの勝利|米国株チャート比較米国株投信の代表格である楽天VTI、slimS&P500の過去チャートを使用し、5年・10年・15年でどちらがハイリターンがシミュレーションしてみました!結果、10年以上の長期運用だと楽天VTIの方がハイリターンでした。...

 

つみたてNISAの資産配分は米国株式100%がオススメ

つみたてNISAに投資できる金額は年間40万円までと決まっています。

つまり、非課税枠は年40万円しかないわけです。

世の中には様々な投資方法がありますが、有限であるつみたてNISA枠(非課税枠)は期待リターンの高い商品を集中させるべきだと考えています。

なぜなら、売却益が非課税になるわけですから、リターンが大きければ大きいほど節税効果が大きくなるからです。

↓米国株式100%の理由について詳細はこちら↓

積立NISA枠全額に米国株式を突っ込む理由あなたはつみたてNISAをどんな金融商品で運用をしていますか? 僕は、限度額の全額を米国株式に充てています。 世界分散投資で...

 

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT

やっぱり米国株だけでは不安だ、もっと世界分散したい、という方には楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)がオススメです。

楽天VTとは

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFを少額から投資可能にした投資信託版で、約8,000銘柄の株で構成され、全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上をカバーしています。VT1本に投資することで、新興国から先進国まで世界中の株式市場への投資することと同じ効果を得ることができます。

全世界の株式をほぼカバーしているので、これ以上の分散はありません。

楽天VTの最大の強みは放ったらかしでOKということです。
例えば、現在では考えにくいですが、米国が著しく衰退するというような大きな世界情勢の変化が起こっても、楽天VTは自動で最適な配分に調整してくれるのです。

↓ぼくの尊敬する経験豊富な投資家ブロガーさんもオススメしています↓

 

言ってみれば、楽天VTは株式100%版ウェルスナビ(VTI+VEA+VWO)みたいな金融商品です。

ウェルスナビに似ているということが何を意味するかというと、投資初心者向けということです。

楽天VTの実質コストは0.502%で手数料高いといわれていますが、それでもウェルスナビの約半分です。
そして2019年は0.35%あたりまでコストが下がるといわれています

そう思うと悪くない。いや、むしろ優秀な投資先です。

↓手数料ってバカにならないんですよ。気になるい方はこちらから↓

WealthNaviの手数料は30年で総額376万円!何かと話題になるウェルスナビの手数料。 高いのか、安いのか 今回は30年ウェルスナビで積み立てをした場合、総額で一体いくら手数料...

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017で1位を獲ったり、某ブログでクソだ言われたり、賛否ある楽天VTですが、結局いいのか、悪いのかという判断は、実際に投資する人のステージによって異なります

ウェルスナビから卒業を考えている方や投資の勉強する暇がない、そんなに時間を割けられない、という方には特におすすめで、リスクを考慮したつみたてNISAの投資信託選定としては、とても堅実で有効な投資方法です。

 

つみたてNISAを始めるなら急いだほうがいい!

つみたてNISAは2037年に終了してしまいます。

2018年から始めた人は非課税期間は最長の20年となりますが、2019年に開始すると非課税期間は1年少ない19年となってしまうのです。

そう、今から始めても去年始めた人より投資可能期間はすでに1年短いんです!

2020年に始めると、さらに1年短くなります!

年をまたぎ、2020年から開始すると、投資可能額が40万円も減ってしまいます。年利回り5%なら投資額が40万円減ることで約66万円の利益を逃すことになるんです。

これは急ぐしかない!

↓つみたてNISAの投資期間等の詳細はこちらをお読みください↓

積立NISAは2019年内に始めないと投資できる限度額が40万円減る|投資期間はいつまで?積立NISAの投資期間は20年というのはご存知だと思いますが、2037年で制度が終わってしまうこともご存知ですか?今始めても既に20年投資できないのです。年をまたぐごとに投資可能額が40万円ずつ減っていくので急いで始めましょう!...

そして、始めるなら、年末に駆け込むより時間のある今のうち(早いうち)に始めた方が有利です。
年末に始めると時間に追われ、失敗する可能性があります。

つみたてNISAを年末に始めるデメリット

  1. 相場に対するリスク分散が難しい
  2. 枠の使い切りが難しい
  3. 金融商品を吟味する時間がない

僕も去年の11月からの2ヵ月で積み立てましたが、ミスって限度額を2万円も残してしまいました・・・。

↓つみたてNISAを始める時期についての詳細はこちらをご覧ください↓

積立NISAを2019年から始めるなら早く始めないと非課税枠を使いきれない2019年からつみたてNISAを開始するか検討されているそこのあなた! 始めるなら早い方がイイ!年明け早々に始めた方がいろいろと有...

説明した通り、つみたてNISAは始める時期が遅くなればなるほど、投資できる期間と金額が減っていくため、できるだけ早く始めたほうが有利となります。

つみたてNISAを始めるには証券会社への登録が必要ですが、登録には約1ヵ月ほどかかりますので、余裕をもって今のうちに登録だけでもしておきましょう。

おすすめの証券会社は楽天証券です。

楽天証券はカード決済が可能で、1%のポイントも付き、さらにそのポイントで投資信託を購入できるので、つみたてNISAを始める以外のメリットも大きいです。

↓現在キャンペーン中なので口座開設はこちらからどうぞ↓

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村