つみたてNISA

積立NISA|20年後に暴落したらどうなる?対処法を大公開!

つみたてNISAをこれから始めるか検討している方の3大心配事

  1. 20年を過ぎた場合、期間内の収益は非課税のままなの?
  2. 20年後は絶対に売却しないといけないの?
  3. 20年後に大暴落していたらどうなるの?

今回はこの心配を完全解決します!
将来どうなるかはっきり知っていないと始めにくいですよねf(^_^;

そんな方のために、つみたてNISAはの非課税部分は20年後にどうなるのか調べてみました。

結論をまとめると

  1. 期間中に値上がりした利益部分は20年を過ぎても課税されません。
  2. 20年を過ぎても売却せずに運用することが可能です。
    (20年を過ぎた部分は課税)
  3. つみたてNISAの非課税期間終了間際で十分な利益が出ている場合は売却してしまうことも有効な手段。
  4. 暴落しても、切り崩しながら運用することで資産を回復できます。

 

その前に・・・

つみたてNISAを検討中で、まだ始めていない方は早めに始めた方がイイですよ。年をまたぐごとに投資可能額が40万円ずつ減っていきますので要注意です。

↓詳しくはこちらをご覧ください↓

積立NISAは2019年内に始めないと投資できる限度額が40万円減る|投資期間はいつまで?今、つみたてNISAを検討している方、始めるなら早ければ早い方がいいですよ!! 年をまたぎ、2020年から開始すると、投資可能額が...
積立NISAを2019年から始めるなら早く始めないと非課税枠を使いきれない2019年からつみたてNISAを開始するか検討されているそこのあなた! 始めるなら早い方がイイ!年明け早々に始めた方がいろいろと有...

20年以降も運用可能で期間中の利益には非課税のまま

まず、つみたてNISAの非課税期間終了後に非課税枠の資産がどうなるのか知っておきましょう。

上記は金融庁のHPからいただいてきたものです。
こちらを元に解説します。

20年後以降は通常の投資信託として運用が可能

非課税期間20年間が終わると、つみたてNISAは、通常の投資信託と同様の特定口座や一般口座に払い出され、そのまま運用することが可能です。

なので無理に売却する必要はありません。

20年後、世界的に好景気であればそのまま運用し続けることでより大きな利益を得るという方法も選択も可能なのです。

ただし、21年目以降の株価値上がりにより得た利益には、20.315%の税金(所得税+住民税+復興特別所得税)がかかりますのでご注意ください。

つみたてNISA期間中に得た利益は、その後も非課税のまま

20年後、つみたてNISA期間を過ぎても運用することは分かったと思いますが、その場合、期間中の利益は非課税のままなの?と気になりますよね。

金融庁のHPには「非課税期間終了時の時価で払い出されることとなり、つみたてNISA勘定で保有していた間の値上がり分には課税されません」と明記されています。

ということで、つみたてNISA期間中に得た利益は、売却しようが、その後運用し続けようが永遠に非課税です。

これを知っているだけでも運用に対する安心感は全然違いますよね。

 

20年後に暴騰してた場合は売却するべきか?

20年後のライフスタイルや考え方によって判断は分かれると思います。

基本的には世界経済は右肩上がりで成長するので、そのまま運用を続ける方がより大きなリターンを得る確率は高くなります。

しかし、株価が暴騰した後は必ず暴落します。暴落すると3年~10年単位で価格が戻らないというリスクもあります。

つみたてNISAの場合、終了間際に暴落を迎えてしまうと、非課税期間中に利益を取り戻せない可能性が高くなります。

なので、課税期間終了前の3年くらいで、十分な運用益が出ている場合は売却して利益確定してしまうのも有効な手段です。

ITバブル崩壊は13年も低迷が続く暗黒時代への入り口だった|米国株チャートで検証みなさん、ITバブルって知っていますか? 今回はリーマン・ショックへと続く暗黒時代への入り口であったITバブル崩壊をご紹介します。 ...

その後、暴落が発生したら、つみたてNISAの売却金をつぎ込んで大きく儲けるという戦略もとることが可能になります。

つみたてNISA終了時、残りの人生と必要資金を計算し、売却か、運用継続かを判断しましょう。

 

20年後に暴落した場合の対処方法

つみたてNISAにおける一番の心配事は最後の最後に暴落していた場合ですよね。

運悪く、20年後に暴落を迎えてしまった場合の対処法をご紹介します。
時間はかかりますが、利益を回復し資産を増やすことが可能です。

20年後に暴落していた時の対処方法

  • 売却せずそのまま運用する
  • 毎月必要最低限だけ売却し残りは運用し続ける

大切なことは、暴落時に全てを売却しないこと。

つみたてNISA期間終了後の判断は通常の積立投資と同じとなります。
20年後が老後で資金が必要な場合でも、必要最低限だけ切り崩し、残りを運用し続けることで資産を増やすことが可能なんです!
(注意:つみたてNISA期間終了後の利益は課税対象になります。)

つみたてNISAの利益部分非課税というメリットは薄れてしまいますが、投資信託による積立投資の恩恵は十分に受けることができます。

コツコツ積み上げてきた資産です。必要最低限の金額のみを毎月切り崩していき、残りを運用し続けることで利益を回復させましょう。

↓暴落時対処法の詳細はこちら↓
↓暴落後にこの対処法をした場合のシミュレーションをしています↓

積立投資で老後(取り崩し期)に暴落した時の対処方法|シミュレーション付き|老後の資産運用・出口戦略つみたてNISAやウェルスナビ(WealthNavi)等の積立投資をされている方は、暴落しても売ってはいけない、暴落時に追加投資する方が...

繰り返しますが、

つみたてNISAで負ける人は価格が下がった時に売却する人です。

積立投資は元本割れ(マイナス)を起こしても解約してはいけないこれまで順調に増えていた積立投資。 不意な急落・暴落でこれまでのリターンが一気に溶けてしまうことはよくあることです。2018年10...

積立投資は世界経済の成長に対して投資を行い資産を増やす方法です。資本主義経済が始まってからこれまで、ずっと右肩上がりです。

なので20年後に暴落し、元本割れを起こしていたとしても、その後も積立運用を続けることによって価格が戻る可能性は高いのです。

暴落に遭遇ても、退場せず運用を続けることが大切です。

暴落時は資産を増やすチャンスでもある

暴落により資産が大きく減ってしまうと、死にそうなくらい辛いですが、逆に言うと安くなっている分、バーゲン価格で投資ができるチャンスでもあります。

暴落時の追加投資は資産を大きく増やすための常とう手段です。

つみたてNISA終了後は限度額は関係なくなるので、折れそうな心を強く保ち、勇気を出して目一杯追加投資をしましょう!

↓追加投資について詳細はこちら↓

積立投資で暴落した際の追加投資のタイミングを検証してみたウェルスナビや投資信託等で積立投資をされている方は、暴落しても売ってはいけない、暴落時に追加投資する方が将来的には儲けを大きくするという...

また、暴落に備えてあらかじめ準備をしておくことも大切です。
いざ、という時に追加投資ができるように現金もしっかり確保しておくことをオススメします。

↓暴落の準備について詳細はこちら↓

大暴落対策を大公開|来るとわかっているなら今のうちに準備しよう長期間投資をしている限り、○○ショックといわれる大暴落には必ず出くわします。 そしてこの大暴落から逃れることはできません。 どう...

 

つみたてNISAを検討中の方は急いで登録を!

最初にも言いましたが、つみたてNISAは年をまたぐごとに投資期間が短くなり、投資できる総額も少なくなります。

つみたてNISAの口座開設には約1ヵ月かかります。
検討されている方は早ければ早いほど投資期間が長くなるので、期待できるリターンが大きくなるので、まだの方は急いで始めましょう!

積立NISAは2019年内に始めないと投資できる限度額が40万円減る|投資期間はいつまで?今、つみたてNISAを検討している方、始めるなら早ければ早い方がいいですよ!! 年をまたぎ、2020年から開始すると、投資可能額が...
積立NISAを2019年から始めるなら早く始めないと非課税枠を使いきれない2019年からつみたてNISAを開始するか検討されているそこのあなた! 始めるなら早い方がイイ!年明け早々に始めた方がいろいろと有...

おすすめの証券会社は楽天証券

楽天証券はカード決済が可能で、1%のポイントが付くんです。

さらに普段楽天で買い物をして得たポイントでも投資信託を購入できるのことが楽天証券の最大のメリットです。

銀行と同じで口座開設は無料です。
つみたてNISA用の口座は開設まで約1ヵ月とかなり時間がかかりますので、今のうちに登録だけでもしてみてはいかがでしょうか?

↓現在キャンペーン中なので口座開設(無料)はこちらからどうぞ↓

楽天証券で口座開設してみる(無料)

なにを買えばいいか分からない人は米国株がおすすめ

つみたてNISAで何を買っていいか迷っている方には米国株をオススメします。米国株は全世界の株価時価総額の半分を占めており、15年間の年利回りは8%超えの超ハイパフォーマンスです。

楽天VTIの利回りは?過去実績でいくら儲かるのかシミュレーションしてみたつみたてNISAやiDeCo、通常の投資信託などで最もおすすめできる金融商品の一つである 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天V...
eMAXIS Slim米国株式(S&P500) の利回りは?過去実績でシミュレーションしてみた!つみたてNISAやiDeCo、通常の投資信託などで最もおすすめできる金融商品の一つである eMAXIS Slim米国株式(S&...

↓全部米国株で大丈夫なの?と心配な方はこちらをご覧ください↓

積立NISA枠全額に米国株式を突っ込む理由あなたはつみたてNISAをどんな金融商品で運用をしていますか? 僕は、限度額の全額を米国株式に充てています。 世界分散投資で...
結局、米国株一本と世界分散はどっちがいいの?実績比較してみた米国株一本派、世界分散投資派、様々な投資スタイルがありますが 今回のテーマは、 結局、米国株一本と世界分散投資はどっちがいい...

つみたてNISAは銀行預金などの貯蓄と違い元本割れのリスクがあり、リーマン・ショックなどの大暴落により大きな含み損を抱える可能性があります。
しかし、リスクの中身について知ることで、暴落を乗り切り、逆に大きく儲けることも可能です。

↓リスクについて詳しく知りたい方はこちら。↓

【どこよりもわかる!】積立投資とは?積立投資のリスクを完全解説!投資を始めたいけどリスクがあるからと二の足を踏んでいるそこのあなた! 投資と聞いては?危ないよ!なんて言っているそこのあなた! ...

まずは急いでつみたてNISAを始めましょう!

楽天証券で口座開設してみる(無料)

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村