ウェルスナビ

WealthNaviは暴落時にどれくらい損失が出るのか知っておこう

ウェルスナビをはじめたてのあなた!

ウェルスナビはローリスクな投資だし、右肩上がりの世界経済に投資してるんだから大きな損失は出ないだろう、と思っていませんか?

この記事を読んでほしい人

  • 投資未経験者で、これからウェルスナビで投資を検討している方
  • ウェルスナビで資産運用をしている方

この記事でわかること

  • ウェルスナビは低リスクと言われているが、資産が半分になる可能性もある
  • それでも止めずに投資を続けると歓喜が待っている

まずここで結論を言うと、

いくらローリスクと言われるウェルスナビでも資産が約半分になる可能性はあります。

ビビっちゃいますよね(;^ω^)

でも事実です。

今回は、過去20年で実際に起きた暴落時のウェルスナビのチャートを使用し、どれくらいの期間でどれくらい下がったのかを知り、心の準備と対応策を練っておきましょう。

直近20年で発生した暴落は3回

直近の発生した暴落

  1. 2000年 ドットコムバブル(ITバブル)崩壊
  2. 2007年 リーマン・ショック
  3. 2015年 チャイナショック

こう見ると7年おきに発生していますね。

2000年に発生したドットコムバブル(ITバブル)崩壊時は、暴落が始まって底値まで2年もの時間がかかっており、そこから暴落前の価格に戻るまで5年と非常に長い期間つらい時期が続きました。

ITバブル崩壊は13年も低迷が続く暗黒時代への入り口だった|米国株チャートで検証みなさん、ITバブルって知っていますか? 今回はリーマン・ショックへと続く暗黒時代への入り口であったITバブル崩壊をご紹介します。 ...

2008年に発生したリーマン・ショックは誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか。
サブプライムローン問題に端を発し、リーマン・ブラザーズが経営破綻。
100年に1度の大暴落と言われ、世界中の株価が下落しました。

2015年のチャイナショックは、「中国ショック(中国危機)」とも呼ばれ、中華人民共和国を震源とする、世界の金融市場に大きな影響(混乱)を及ぼした出来事の総称をいいます。

 

リーマン・ショック時はウェルスナビも約半額に

下のグラフははウェルスナビで1992年から円建・リスク許容度3で毎月3万円を積み立てた場合のシミュレーションです。(出展:ウェルスナビ公式HP


3度あった暴落の中で最も評価額が下がったのがリーマン・ショックです。

暴落前後の資産額に補助線を引いてみると、崩壊前のピーク時は1,500万円から1年かけて800万円まで下落しています。
さすが100年に1度の暴落と言われたリーマン・ショック。
-46.7%と凄まじい下落率です。

このようにいくらローリスクのウェルスナビとはいえ、100年に1度と言われるような暴落に遭遇すると資産の半分を失うのです。

ウェルスナビに限らず、積立投資というのは、強靭な忍耐力と精神力が必要ということを覚えておきましょう。

積立投資の暴落時には強靭な精神力と忍耐力が必要な件つみたてNISAやiDeCo、ウェルスナビなどで積立投資をされている方は、暴落時こそ売却してはいけない!仕込み時だ!ということはよくご存...

↓ウェルスナビで暴落が起きた時の対処法はこちら↓

WealthNaviは儲かるのか?損失・失敗の心配を完全解決! この記事を読んでほしい人 投資未経験者で、これからウェルスナビで投資を検討している方 ウェルスナビを始めたいけど...

↓取り崩し期(老後)に暴落した時の対処法はこちら↓

積立投資で老後(取り崩し期)に暴落した時の対処方法|シミュレーション付き|老後の資産運用・出口戦略つみたてNISAやウェルスナビ(WealthNavi)等の積立投資をされている方は、暴落しても売ってはいけない、暴落時に追加投資する方が...

 

暴落にめげず、続けた人には歓喜が待っている

ここまでネガティブな話ばかりしていましたが、この悲劇を乗り越えた人たちには歓喜が待っています。

事実、米国株はここ10年で価格が2倍以上となっています。悲劇が起きた時に売却せず、我慢しながらも安価に買い付けていた口数がここで爆発するのです。

↓その実体験を記された記事がこちらです(外部サイト)↓

ここ最近は、相場がすっかり弱気になり、2018年に投資を始めた人は全て含み損というところまで価格が下がり、ネガティブになっている方も多いと思います。

もしかしたら今が暴落の入り口で、ここから10年以上、つらい思いをし続けるかもしれません。しかし、強靭な精神力と忍耐力でグッと耐え、将来、共に成功を勝ち取りましょう!

暴落時の心構え等、関連記事を貼っておきっますので、よかったらお読みください(^^)

2019年はウェルスナビの始め時

2018年終盤に相場が不安定となり、株価が大きく下がりました。
2019年もしばらくは株価が下がり続けるのでは、もしかしたらさらなる暴落が起きるかもしれない、と思っています。

しかし、世界経済が右肩上がりで成長することを前提とるのであれば、株価が低い時期はウェルスナビ(インデックス投資)の始め時とも言えます。

↓ウェルスナビで資産が増える仕組みはこちら↓

自分で投資して資産を増やそうと思うと、基礎知識、金融商品の知識、商品を選択する判断力が必要です。

これらの習得は時間がかかりますし、知識なしで投資の世界に飛び込むと、高い確率で大きな授業料(失敗)を払うことになります。

そんな方々にマッチするのが、投資を外注するウェルスナビというサービスなのです。

ウェルスナビは簡単に言うと積立投資を外注する商品です。そのため自分で運用するよりランニングコストがかかりますが、全自動で投資を行ってくれます。

世の中には様々な投資方法が存在しますが、投資未経験・知識ゼロで始めるのであれば、ウェルスナビは本当におすすめです。

もちろんデメリットはありるのですが、それを差し引いてもこれほどお手軽に投資を始められるサービスはありません。

↓デメリットを詳しく知りたい方はこちら↓

WealthNaviの知っておくべき5つのデメリット!それでも初心者は始めるべき最近、CM等で露出が増えてきたウェルスナビ。 ウェルスナビで投資を始めてみたいけど、踏ん切りがつかない、一歩を踏み出せないという方...

これから投資を始めてみたいという方、ウェルスナビから試してみてはいかがでしょうか。

↓ウェルスナビの登録はこちらから↓



↓ウェルスナビや積立投資についてもっと知りたいという方はこちら↓

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村