1-2.リスク管理

ITバブル崩壊は13年も低迷が続く暗黒時代への入り口だった|米国株チャートで検証

みなさん、ITバブル崩壊という恐ろしい暴落があったことを知っていますか?

ITバブルとは

1990年代にwindows95の大流行等をきっかけに、IT(Information Technologyの略:インターネットなどの通信とコンピュータとを駆使する情報技術)が爆発的に普及し、それに伴ってアメリカを中心としたIT企業の急伸や異常な株高となった現象です。

ITバブル崩壊は2000年頃に発生したバブル崩壊のことを指します。

米国株相場は約50%も暴落し、当時は世界大恐慌以来最悪の下げ相場となり、株式市場は9兆ドルを超える価値を失いました。

さらに、このITバブル崩壊はただの大暴落ではなく、長く続く暗黒時代の入り口だったのです。

暴落といえばリーマン・ショックが真っ先にあがりますが、今回はリーマン・ショックの前に発生したITバブルについて情報共有したいと思います。

この記事を読んでわかること

  • ITバブル崩壊のチャートと特徴
  • 結果的に13年も経済の低迷が続いた暗黒時代となった

この記事を読んでほしい人

  • 大暴落が発生しても2・3年で価格が戻り、その後は上昇相場だと信じている方

このITバブル崩壊を知ることで、今後10年以上のスパンでつらい状況が続く可能性があるということを知ることができます。

世界経済は長期で見ると右肩上がりですが、たった20年前にこういったネガティブな時期があり、今後も起きるかもしれないと知っておくことで、様々なリスク回避の検討ができると思います。

ITバブル崩壊は価格が戻るまで7年、その後は・・・

下の図は米国株式(S&P500)の過去20年間のチャートです。

S&P500ドル建てチャート2

2000年の終わり頃から暴落が始まり、元の価格が戻るまで約7年もかかっています。そして、価格が戻った後も1年もせずリーマン・ショックが発生。トータルで約13年と非常に長い期間、辛い時期が続いています

これ、実際に体験したら相当ツラいと思います・・・

 

ITバブル崩壊は底値まで約2年もかかっている

ITバブル崩壊の恐ろしさは、長い低迷だけではありません。

暴落付近のチャートを切り取ってみると

暴落が始まって底値まで、なんと2年もかかっています。これはリーマン・ショックの約4倍もの長さになります。

価格が暴落したからといって、無計画に追加投資をしていると無限ナンピンに陥り、本当に追加投資が必要なタイミングで十分な資金が残らない可能性があります。

暴落後すぐの追加投資にもリスクがあるので注意が必要です。

2年間も下落し続けるなんて、なんと恐ろしい・・・。
こういう事があることを知っておかないと、耐えきれずにどこかで狼狽売りをしてしまい大損するかもしれませんね。

 

為替の影響で日本円換算にするともっと悲惨な結果に


こちらはITバブルから崩壊からの約20年のドル・円換算S&P500をグラフにしたものです。

為替が資産に与える影響は大きく、過去20年では日本円は米国株資産に対してかなりマイナスな働きをしています

ITバブル崩壊やリーマンショック級などの歴史的大暴落が発生する度に円高となるため資産がダブルパンチで減少し、本国のアメリカ人以上に辛い思いをすることになるんです。

え、マジですか・・・

暴落時は為替の影響でさらに資産が減る可能性があることは頭に入れておきましょう。

↓暴落時の為替の影響について詳しくはこちら↓

日本円と米国株は相性悪し!為替が米国株投資に与える影響がハンパない件日本で米国株投資している以上、資産を消費する際に必ず日本円に変換する必要があります。ということで、為替が米国株投資に与える影響を過去20年分のチャートを使用して調べてみました。...

 

米国株で10年単位で資産が増えないこともある

円建てドル建てS&P500積立チャート

こちらはITバブル前の1998年から2019年まで毎月1万円積み立てた場合のリターンを表したものです。

ITバブル崩壊・リーマンショックと2つの大暴落に襲われるため、世界最強のS&P500でもこのタイミングで投資を始めると中々資産が増えません。

S&P500に投資していても

  1. 投資を始めて10年後に元本割れする
  2. その後4年も含み損を抱え続ける
  3. 資産が本格的に増え始めるまで15年かかる

ということもあるんです。

まとめ|過去10年の切り取りでは本質は見えない

要点まとめ
  1. ITバブル崩壊は価格が戻るまで7年もかかった
  2. その後、1年もせずリーマンショックに襲われた
  3. 結果的に約13年も低迷する時期が続いた
  4. これはたった20年前の出来事で、今後も起きる可能性がある
含み損が10年以上続いたら、絶対心折れるわ・・。

直近10年は都合の良い10年

様々なブログで株価のチャートが取り上げられていますが、そのほとんどが現在から過去10年を切り取ったものなんです。

この過去10年っていうのが非常に都合が良く(ポジティブ)て使いやすいんですよね。

10年前はちょうどリーマン・ショックによる大暴落が起こり、その後数年で価格が戻り、そこからうなぎ上りに株価は上がっていくというポジティブなサクセスストーリーを作りやすいんです。

それはお前のブログだろ!って突っ込みはナシですw

ぼくが言いたいのは、株価は暴落してもその後10年単位で価格が戻らない時期もある、その可能性があるということです。

ITバブルあたりからチャートを切り取ると、右肩下がりの暗黒の10年が完成します。

このように数年で戻ってその後はうなぎ上りだと思い込んで投資をすると、痛い目に会って精神も資産も持っていかれるという最悪の状況になりかねません。

そして2020年2月、新型コロナウイルスの影響でついに暴落がやってきました。

もしかしたら、ここから10年以上はツラい思いをするかもしれないということを想定しておくことが重要です。

コロナショックは暴落なのか
コロナショックは暴落なのか?暴落の境界線について考えてみるコロナショックは暴落なのか?この程度はまだ違うのか?という疑問を過去20年のリスク値を利用して完全解決します!結論を言うとコロナショックは暴落ですが、大暴落と言うレベルには達していません。...

しかし、世界経済は長い期間でみれば経済は確実に右肩上がりです。

これから暗黒時代が到来したとしても、株式の未来を信じて淡々とひたすら積み立てていくことが将来の勝利への道といえるでしょう。

↓暴落に関する関連記事はこちら↓

米国株ケーススタディ
【米国株】大暴落ケーススタディ|あなたの資産はどうなる?現在・45歳・65歳でITバブル⇒バブル崩壊となった場合、あなたの大切な資産がどうなっていくかを、現金比率別(フルインベスト・30%・50%)でシミュレーションしました。余裕をもって老後を過ごしには3,000万円は欲しい!...
暴落に強いつみたてNISA銘柄
【実録】コロナショックで見る暴落に強い つみたてNISA銘柄(6/22時点)コロナショックで大きく下落した銘柄・しなかった銘柄を調べてみました。積立シミュレーションも行ったところ、荒れた相場ではバランスファンドが優秀なことが浮かび上がってきました。...
暴落に強いカウチポテトポートフォリオ
暴落に強い!!カウチポテトポートフォリオの魅力現金比率50%・カウチポテトポートフォリオの魅力についてご紹介します。怠け者の意であるカウチポテトは、しっかりとリスク対策をしながらも、好きな銘柄に投資できるという投資初心者の方にオススメできる投資方法です。...

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。

↓よろしければ応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ