ウェルスナビ

WealthNaviは儲かるのか?損失・失敗の心配を完全解決!

この記事を読んでほしい人

  • 投資未経験者で、これからウェルスナビで投資を検討している方
  • ウェルスナビを始めたいけど損失が出て失敗しないか悩んでいる方

この記事でわかること

  • ウェルスナビで資産が増える仕組み
  • 損失が出た時の対応

最近、CM等で露出が増えてきたウェルスナビ

ウェルスナビで投資を始めてみたいけど、本当に儲かるの?損失がでたり失敗したらどうしよう・・・と踏ん切りがつかない、一歩を踏み出せないという方は多いと思います。

今回はそんなあなたの心配を完全解決いたします!ウェルスナビはいくらお手軽だ!とはいえ、仕事で頑張って稼いだ大切なお金を運用するわけですから、デメリットもしっかり把握し、納得して始めたいですよね。

ウェルスナビは世界に投資して資産を増やす

まずは、最初の疑問、ウェルスナビは儲かるのか?

結論から言うと、そんなに儲かりません!

といいますか、儲けるというより、時間をかけて資産を増やす投資方法です。

ウェルスナビは株や金融商品を売買して儲けるサービスではなく、株や金融商品をも持ち続け、資産の価値が上がるまで待つスタイルのサービスなのです。

なので、株価の乱高下によって一時的に含み益が発生し、そこで売却すると一応儲かることになりますが、短期では資産形成ができるような儲けを出すことはできません。

 

世界経済は資本主義が始まってずっと右肩上がり

で、その株や金融商品は持ち続けることによって本当に価値が上がるの?という疑問について解説します。

ウェルスナビは積立投資という投資方法に分類されます。

積立投資は投資している金融商品の価値が将来上がることが前提となっています。

これだけ聞くと、将来なんてわからないんだからそんな不確定なものに投資なんかできない!って思うハズです。

確かに将来何が起こるかわかりません。

でもこの不確定がどれくらい不確定なものなのかあなたは知っていますか?

その不確定さについて解説していきます。
こちらは過去35年間のダウ平均株価の推移です。

1980年から2018年まで暴落による一時的な下落はあるものの着実に右肩上がりで成長しています。

これはアメリカの株価で35年しか表示されていませんが、この地球上で資本主義経済が始まってから今までの約200年間、世界経済はずっと右肩上がりです。

戦争や世界大恐慌、最近ではリーマンショックなどがあり一時的に価値を落とすことはありますがトータルしてみると株価は見事に右肩上がりなのです。

今後も世界人口が増加していく限り世界経済は発展していくと言われています。

どうですか?

価値が下がるかもという不安、未来というものは不確定なものですが、これまで200年間ずっと右肩上がりだった経済があなたが積立投資を始めた瞬間に右肩下がりで進み続ける可能性はどれくらいだと思いますか?

世界経済が右肩下がりになるということが、ウェルスナビ(積立投資)最大のリスクなのです。

 

損失が出たからと言って売却することが一番の失敗

ウェルスナビで長期間運用をしていると必ず大暴落に遭遇します。これを回避することは不可能で、あなたが必死で積み立てた資産にもその牙は容赦なく襲い掛かり、大きく資産を減らすことでしょう。

しかし、損失が出た時に売却することは、積立投資の世界では一番の悪手です。

ではそうなったとき、どうするか?

答え:何もなかったかの様に積み立て続ける

先ほども説明しましたが、ウェルスナビは右肩上がりの世界経済に対して投資をしています。だから、また右肩上がりになるまで待てばいいのです。

そして、マイナスが出ている時こそ将来大きく儲けるためのチャンスです。ウェルスナビは積立続けることで、暴落した方がより資産が増える特性を持っています。

ゆえに暴落時に追加投資をするのも、将来大きくリターン得るための有効な手段となります。

暴落は大きく儲けるための充電期間だということを知っていれば、精神的にもかなり楽になりますよね。

ウェルスナビは基本的に10年以上のスパンで利益を確保していく投資方法で、暴落の有無にかかわらず開始して数年はマイナスがでやすい仕組みになっています。

なので、目先(一時的な)の損益に一喜一憂するのではなく10年後、30年後にどうなっているかが大事なのです。

大切なのは決して売らないこと!

積立投資で負ける人は価格が下がった時に売却する人です

こちらはぼくが参考にしている氷河期ブログさんの記事です。暴落時に売却しなかったことにより大きく資産を伸ばされています。

紹介した記事はウェルスナビでの実績ではないですが、ウェルスナビも世界株式を中心とした投資方法なので、暴落を乗り越えることで同様の効果を期待できます。

何度も言いますが、損失が出た時は売却しないことです。もしかしたら、しばらくつらい時期が続くかもしれません。しかし、そこはグっと我慢して将来に向け淡々と積み立て行くことが勝利への道となるのです。

資産が預貯金のみ投資未経験者はやったほうがイイ!

僕は預貯金も大事ですが、将来のために投資で資産形成をすることはもっと大事だと思っています。

そして、投資未経験者や投資の知識ゼロ方にはウェルスナビは敷居が低くオススメのサービスです。

銀行預金にもリスクはある

投資を始める前は「リスクがあるから怖い」と感じている方は大半ですが、預貯金のみで資産形成をすることにもリスクがあります。

銀行預金のリスク

  • 銀行倒産時1000万円までしか保証されない
  • 物価が上昇した場合、資産価値が下がる

預け先の倒産は銀行だろうが投資だろうがリスクは同じですが銀行預金最大のリスクは物価上昇(インフレ)に対応できていないことです。

日本は年2%の物価上昇を目指しています。ご存知の通りそんなペースでは上がっていませんが物価は確実に上昇しています。

銀行の0.001%、100万円を20年預けても約2万円しか増えません。20年後、物価が10%上昇していたら20年後の102万円は91.8万円の価値しかなくなるわけです。

安全と思っている銀行預金にも価値が目減りするリスクがあるのです。

ウェルスナビでインフレに対応した資産形成をしよう

先ほども説明した通り、銀行預金だけではインフレに対応できません。
一般世間で資産運用をしている個人投資家の大半は、このインフレに対応しより多くの資産を形成するために積立投資をやっています。

しかし、投資で資産を増やそうと思うと、基礎知識、金融商品の知識、商品を選択する判断力が必要です。

これらの習得は時間がかかりますし、知識なしで投資の世界に飛び込むと、高い確率で大きな授業料(失敗)を払うことになります。

そんな方々にマッチするのが、投資を外注するウェルスナビというサービスなのです。

世の中には様々な投資方法が存在しますが、投資未経験・知識ゼロで始めるのであれば、ウェルスナビは本当におすすめです。

もちろんデメリットはありるのですが、それを差し引いてもこれほどお手軽に投資を始められるサービスはありません。

↓デメリットを詳しく知りたい方はこちら↓

WealthNaviの知っておくべき5つのデメリット!それでも初心者は始めるべき最近、CM等で露出が増えてきたウェルスナビ。 ウェルスナビで投資を始めてみたいけど、踏ん切りがつかない、一歩を踏み出せないという方...

これから投資を始めてみたいという方、ウェルスナビから試してみてはいかがでしょうか

↓ウェルスナビの登録はこちらから↓



↓ウェルスナビや積立投資についてもっと知りたいという方はこちら↓

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村