つみたてNISA

積立NISAの期間延長・恒久化されても積立期間の20年は変わらない

つみたてNISAの制度は2037年で終了します。
毎年の投資限度額は40万円で、翌年以降の繰り越しはできないので、始める時期が遅ければ遅いほど投資可能額が減っていき、得られるであろう利益も減っていきます。

↓つみたてNISAの投資可能期間について詳しくはこちら↓

積立NISAは2019年内に始めないと投資できる限度額が40万円減る|投資期間はいつまで?今、つみたてNISAを検討している方、始めるなら早ければ早い方がいいですよ!! 年をまたぎ、2020年から開始すると、投資可能額が...

そんなつみたてNISAですが、今後投資可能期間の延長や恒久化の可能性があるのでご紹介します。

この記事でわかること

  1. つみたてNISAには2つの期限がある
  2. 金融庁が制度の恒久化を要望している
  3. 要望は非課税期間ではなく投資可能期間
  4. 延長・恒久化された場合のメリット

2019年以降につみたてNISAを始められる方は、投資期間が19年となってしまうので期間延長や恒久化は待ち遠しい改善ですが、今回金融庁が要望しているのは非課税期間ではなく2037年までの投資期限の延長です。

非課税期間や非課税投資枠(40万円×20年=800万円)は変わらないので過度な期待は禁物です。

つみたてNISAの非課税期間と投資可能期間

つみたてNISAには紛らわしいですが2つの期限があります。

それは「非課税期間」と「投資可能期間」です。

非課税期間は投資した年から20年


出展:金融庁

非課税投資枠は毎年40万円で、非課税期間は積み立てた年から20年です。
20年目に積み立てた40万円は、つみたてNISAを開始してから39年目までとなります。

投資可能期間は2018年~2037年


投資可能期間はつみたてNISAの制度期限です。

冒頭でも言いましたが、つみたてNISAの制度は2037年で終了します。
毎年の投資限度額は40万円で、翌年以降の繰り越しはできないので、始める時期が遅ければ遅いほど投資可能額が減っていき、得られるであろう利益も減っていきます。

まだ始めていない方は急いで始めた方がいいですよ!

 

金融庁は投資可能期間の延長・恒久化を要望している

金融庁の要望事項(抜粋)

「つみたてNISA」については、開始時期にかかわらず、20年間の長期・積立・分散投資のメリッ トを享受できるよう、制度期限(2037年)を延長することを併せて要望

出展:金融庁

今回、金融庁がつみたてNISAについて要望しているのは投資可能期間(制度期限)の延長であって、非課税期間の延長ではありません。

金融庁の要望が通り、投資可能期間が延長・恒久化されたとしても非課税期間や投資可能額が増えるわけではありませんので過度の期待は禁物です。

2018年から始めた人は恩恵を受けない

結局、金融庁の要望は「開始時期にかかわらず、20年間の長期・積立・分散投資のメリッ トを享受できるよう、制度期限(2037年)を延長してほしい」というものなので、2018年からつみたてNISAを開始している方にはメリットはありません

つみたてNISAを運用している身とすれば、制度期限の延長も重要ですが、非課税期間を延長してほしいですね。

要望は通らないかもしれないので急いで始めよう

要望が必ず通るとは限りません。制度期限の延長されるかどうかは不透明なのが現状です。もしかしたら、まったく違う制度が新たに新設されるかもしれません。

つみたてNISAはこれから投資を始めるという方にはとてもメリットのある制度なので、検討中の方は急いで始めましょう。

つみたてNISAを始めるには証券会社への登録が必要です。

おすすめの証券会社は楽天証券です。

楽天証券はカード決済が可能で、1%のポイントも付き、さらにそのポイントで投資信託を購入できるので、つみたてNISAを始める以外のメリットも大きいです。

↓現在キャンペーン中なので口座開設はこちらからどうぞ↓

つみたてNISAで何を買っていいか迷っている方には米国株をオススメします。米国株は全世界の株価時価総額の半分を占めており、15年間の年利回りは8%超えの超ハイパフォーマンスです。

楽天VTIの利回りは?過去実績でいくら儲かるのかシミュレーションしてみたつみたてNISAやiDeCo、通常の投資信託などで最もおすすめできる金融商品の一つである 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天V...
eMAXIS Slim米国株式(S&P500) の利回りは?過去実績でシミュレーションしてみた!つみたてNISAやiDeCo、通常の投資信託などで最もおすすめできる金融商品の一つである eMAXIS Slim米国株式(S&...

なお、つみたてNISAは銀行預金などの貯蓄と違い元本割れのリスクがあり、リーマン・ショックなどの大暴落により大きな含み損を抱える可能性があります。

しかし、リスクの中身について知ることで、暴落を乗り切り、逆に大きく儲けることも可能です。リスクについて詳しく知りたい方はこちら。

【どこよりもわかる!】積立投資とは?積立投資のリスクを完全解説!投資を始めたいけどリスクがあるからと二の足を踏んでいるそこのあなた! 投資と聞いては?危ないよ!なんて言っているそこのあなた! ...

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村