積立投資

WealthNavi(ウェルスナビ)の取扱い金融商品(ETF)を知ろう|不動産IYR編

投資の「と」の字を知らなくてもお手軽に投資を始められるウェルスナビ。

そのお手軽さゆえにウェルスナビが投資する金融商品について詳しく知らないって方は結構多いはず。

ということで、取扱金融商品(ETF)についてご紹介します。

これまで米国株(VTI)、日欧株(VEA)、新興国株(VWO)、米国債券(AGG)、金(GLD)と紹介してきましたが、本日は最後の第6弾!不動産(IYR)編です。

 

不動産(IYR)とは

IYRとは

正式名称は「iシェアーズ 米国不動産 ETF」で、ウェルスナビ上では不動産としか表現されていませんが、米国の不動産を扱うETFです。投資家から集めた資金で米国の不動産を購入し、賃貸収入や売買益を分配することによって運用します。

IYRを購入するメリット

  1. 少額で投資が可能
  2. 複数の不動産へ分散投資が可能
  3. 流動性が高い(売却しやすい)

不動産の実物を購入して運用するとなると、ぼくたち一般人にとっては費用が莫大となり現実的ではありません。しかしETFで購入することで、少額で分散投資ができ売却しやすいというメリットがあります。

IYRのデメリット

  1. 現物を所有できない
  2. 過去の成績を見ると価格変動が激しい

ETFであるため不動産そのものを手にすることはできません。また、過去の実績は価格変動が大きく、ハイリスクハイリターンと言われています。

 

では、気になる価値の動きです。

こちらは過去18年間の価格推移です。2003年あたりから2007年までバブルのように価格が上昇し、その後リーマンショックにより大暴落、その後約2年で大幅に値段を戻し、現在も右肩上がりとなっています。ただし、リーマンショック前のピーク値には達していません。

ウェルスナビでは6種類のETFを取り扱っていますが、リーマンショックが不動産関連の暴落でもあったことから下落幅はIYRがこの6種類の中で一番大きいです。

 

ウェルスナビでの不動産(IYR)の実績

ぼくが運用しているウェルスナビのポートフォリオです。(2018.10.15現在)

不動産(IYR)の保有割合は総資産額の4.9%と一番少ないです。

 

こちらは資産別の損益推移です。2018年10月10日に大きな下落がありましたが、IYRに関しては影響が小さく、過去のハイリスクハイリーンぷりとは裏腹に安定してプラスを維持しています。

気になるリターンですが、運用期間半年で5%パフォーマンスはなかなか優秀です。

 

不動産(IYR)と米国株(VTI)だけ表示してみました。日欧株や新興国株は米国株と値動きが連動していましたが、この2か月に関しては不動産(IYR)は株価の変動の影響を受けているようには見えません。

ご紹介した通り、不動産(IYR)は長期で見ると価格変動が激しくハイリスクハイリターンですが、短期的にみるとほとんど変動しておらず安定しています。

ウェルスナビに組み込むポートフォリオとしてどうか?ということを考えると、リーマンショック時の暴落率はハンパないですが、その後価格が戻り直近10年はしっかりとした右肩上がりになっています。暴落時も動じずドルコスト平均法で積み立てていければリターンを得る確率は高いのではないかと思います。

積立投資|ドルコスト平均法で手堅く投資!気になるデメリットも紹介|投資を始めるぼくのような投資初心者や、忙しくて投資への時間が取れない方にお勧めの積立投資ですが、今回はその積立投資の最大の特徴である「ドルコスト平均...
積立投資(ウェルスナビ)は元本割れ(マイナス)を起こしても解約してはいけない|含み損・リスクとの付き合い方これまで順調に増えていた積立投資。 不意な急落・暴落でこれまでのリターンが一気に溶けてしまうことはよくあることです。2018年10...

 

金融商品を知る目的はウェルスナビの卒業

最大の目的は投資にもっと興味を持ち、最終的にウェルスナビの卒業を検討することです。

今はアメリカやヨーロッパ、新興国、金とか不動産とかに分散投資してるんでしょ?くらいの認識しかない方が多いと思います。

身銭を切って、高いお金を突っ込んでリスクを負っているわけですから、どんな商品にお金をつぎ込んでいるのかということは知っておいて損はありません。

そして、ウェルスナビで扱っている商品を一つずつ覚えていくと、あることに気付くと思います。

自分で個別に投資した方がより大きなリターンを得られるのではないか?と。

ウェルスナビは全部お任せであるゆえ、手数料が高かったり、ポートフォリオの配分を決められなかったり、買付のタイミングが悪かったり、かゆいところに手が届かないデメリットが多くあります。

とはいえ、十分にリターンを得られているから今のままで満足だという方は多くおられると思います。満足しているのであればこのまま淡々とウェルスナビで積立を続けていけばいいと思います。しっかりリターンも出てますしね。

対して、一定期間運用をしてきて物足りないなって感じた方は、取扱い商品を知ることによって投資初心者の入り口であるウェルスナビから次のステップに進むきっかけになればなと思っています。

完全版|WealthNaviの取扱い金融商品(ETF)を知ろう投資の「と」の字を知らなくてもお手軽に投資を始められるウェルスナビ。 そのお手軽さゆえにウェルスナビが投資する金融商品について詳しく知...
WealthNaviは情弱向け商品?デメリットは高い手数料?評判を検証する最近、手数料高い!ウェルスナビやるなんて情弱だ!とか、ウェルスナビのアフィリエイトやってるヤツは金に魂を売ってる!なんていうアンチウェル...

もし興味がわいたのであれば、これを機にプロが書いた本を読んで勉強してみるのもいいかもしれませんよ。↓オススメです↓

 

これから投資を始めたい方へ

投資の知識は全くないけど、これから投資を始めたいという方にとってウェルスナビはオススメの投資方法です。

ウェルスナビは簡単に言うと積立投資を外注する商品です。その分費用がかかりますが、何も知らずに始めるよりは火傷をする可能性はかなり低くなります

ウェルスナビについて詳しく知りたい方はこちら

WealthNaviは情弱向け商品?デメリットは高い手数料?評判を検証する最近、手数料高い!ウェルスナビやるなんて情弱だ!とか、ウェルスナビのアフィリエイトやってるヤツは金に魂を売ってる!なんていうアンチウェル...

これから投資を始めてみたいという方は試してみてはいかがでしょうか?


にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村