4.時事ネタ・投資コラム

2020年コロナショック関連のまとめ記事

10年ぶりの暴落コロナショック関連まとめ記事

↓応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2020年2月下旬、新型コロナウイルスをきっかけに株価が急落したコロナショック。

コロナショックチャート比較

3月に入り下落率は20%を超え、「急落」から「暴落」に昇格しました。
これからは、リーマンショック後10年ぶりに発生した暴落として語り継がれていくことでしょう。

↓暴落の境界線についてはこちら↓

コロナショックは暴落なのか
コロナショックは暴落なのか?暴落の境界線について考えてみるコロナショックは暴落なのか?この程度はまだ違うのか?という疑問を過去20年のリスク値を利用して完全解決します!結論を言うとコロナショックは暴落ですが、大暴落と言うレベルには達していません。...
世界の株価

過去20%以上下落した暴落を振り返ると、底値まで最短で2ヵ月、最長で2年半続いていることから、しばらくはツラい時期が続くと思われます。

今回も10年ぶりに発生した暴落ということで、備忘録も兼ねて今回の暴落(コロナショック)の関連記事をこの記事にまとめていきたいと思います。

暴落の始まり

SPYD・HDV・VYM・VTI直近3週間チャート比較

今回の暴落で、僕の資産の中で一番最初に大きく下がったのは米国株高配当ETFのSPYDでした。

Twitterでも「SPYDは暴落に弱すぎ!」「SPYDが一人負け」と大騒ぎになりました。

ただ、僕は今のタイミングでSPYDへの投資を止めるべきではないと思っています。

今後ほかの高配当ETFと比べて配当が劣るようなら乗り換えを検討しますが、現時点ではこのバーゲンセールを利用してコツコツと買い増ししていきます!

【米国株】暴落で一人負けのSPYDへの投資はやめた方がいいのか?コロナショックで米国株高配当ETFとして大人気だったSPYDの下落率が凄まじく、一人負け状態となっています。そんあSPYDへの投資はもうやめた方がいいのか、SPYDへの投資理由を考えながら検証します。...

つみたてNISAも含み損へ

2019年は株式が絶好調だったため、つみたてNISAもウハウハな成績を残していましたが、この1ヵ月で一気に含み損に突入しました。

今、つみたてNISAを運用している方のほとんどが含み損を抱えている状態です。
つみたてNISAから投資を始めた方は面食らってる方が多いかもしれませんね。

個人的に、長期投資はどれだけストレスを排除できるかが重要なポイントだと思っています。

今回の暴落がツラくて心揺らいでいる方は、今から低リスクな銘柄へ変更して積み立てていくと、辛さは半減するかもしれません。

1年前のクリスマスショック、今回のコロナショックで影響の少なかった つみたてNISA銘柄をまとめました。

暴落に強いつみたてNISA銘柄
【実録】コロナショックで見る暴落に強い つみたてNISA銘柄(6/22時点)コロナショックで大きく下落した銘柄・しなかった銘柄を調べてみました。積立シミュレーションも行ったところ、荒れた相場ではバランスファンドが優秀なことが浮かび上がってきました。...

↓低リスク順にランキングもしてますので良かったらこちらもそうぞ↓

楽天証券で買えるつみたてNISAリスク度ランキング
楽天証券で買える|つみたてNISA銘柄【リスク度】ランキング楽天証券購入できる つみたてNISA銘柄をリスク順にランキングしました。今投資している銘柄が暴落時はどれくらい下落するのかあなたは知っていますか?これを機にリスクについて考えてみましょう。...
つみたてNISAで最も低リスク!?DCニッセイワールドセレクトファンドの実力を検証してみたつみたてNISA銘柄の中で比較的低リスクなDCニッセイワールドセレクトファンドシリーズのリスクとリターンを検証しました。安易に米国株と思っている方はこれを機にリスクについて考えてみてはいかが?...

暴落と言えば追加投資

主な株式指標は30%前後暴落しており、「大バーゲンセールや!!」と追加投資を実施したり検討したりしている方も多いと思います。

しかし、まだ暴落が始まって1ヵ月程度です。


底はまだまだ先の可能性があるので、余力の管理は慎重に行いましょう。

僕も、効率的に追加投資を行うべく「10%下落する度に余力の10分の1を追加投資」というルールを作成し追加投資を行いました。

↓追加投資ルールについて詳細はこちら↓

アイキャッチ追加投資シミュレーション
どのパターンが一番儲かる?米国株暴落時の追加投資シミュレーション!株価が下落し追加投資をやりたいけど、タイミングや金額が難しいですよね。今回はそんなあなたのために追加投資シミュレーションをしてみました。...

しかし、感情に負けて見事に失敗しました(;^_^A

そもそもプロでも上手くまくいかないのに、素人が判断して上手くいくハズがないということで、基本に立ち返り判断不要の定額積立作戦です。

リーマンショック時追加投資シミュレーション

シミュレーションしてみると、スポットで追加投資しても、定額積立で追加投資しても、リターンに大差がないことが判明したため、よりシンプルで悩む必要のない定額積立方式に変更しました。

↓詳しくはこちら↓

追加投資で失敗した1
暴落時の追加投資で失敗したのでルールの見直しを考える追加投資においてルールはとても重要ですが、そのルール通りに実行できるかどうかも重要です。ぼくはルールの設定に失敗したので、より簡単でストレスフリーな方法を模索しました。...

世界大恐慌の再来?

こちらは1929年に発生した世界大恐慌時の米国株(S&P500)チャートです。

ブラックサーズデーからの下落角度は凄まじいですね。
一見、一瞬で暴落したように見えますが、底値まで約3年もかかっています。

こんな角度で3年間下がり続けるなんて想像を絶するわ

現在のコロナショックの下落率は25%前後ですが、世界大恐慌は80%以上下落しました。

1日の下落率はコロナショックも歴史に残る数値らしいですが、暴落として比較してみると、世界大恐慌とは全然レベルが違うことが分かると思います。

これから世界大恐慌級に暴落する可能性ってあるの?

未来は誰にも分からないので、可能性があるかと聞かれるとゼロではないと思います。

ただし、

世界大恐慌付近の時代は世界中で戦争をしていた

という特殊な時代でした。

もし、現代に世界大恐慌がもう一度起きるとしたら、90年前と同様に世界中が戦争に巻き込まれるような世界情勢だと思っています。

出展:プリ画像 byGMO

それこそ、北斗の拳に出てくるような世界で、資産運用どころではなく自分や家族の命を守るだけで精一杯かもしれません。

↓世界大恐慌について詳細はこちら↓

現代に世界大恐慌が起きたらどうなるか計算してみた現代に世界大恐慌が来たらどうなるのか計算してみました。計算の結果、30代なら救われる可能性あり。老後に巻き込まれた場合は残念ながら救われないという結果になってしまいました。...

今後も暴落の経過を記事にする度に追加します

現時点でコロナショックに関連した記事ついてまとめてみました。

冒頭でも触れましたが、今回の暴落が収束するまでまだまだ時間がかかると思います。

これからも、関連記事を更新次第、こちらに追加していこうと思います。

 

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。

↓よろしければ応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ