3.高配当投資

【VYM】米国高配当株ETFの最大の魅力がキャピタルゲインだった件

アイキャッチVYMの本当の魅力はキャピタルゲイン

↓応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

配当金って純粋な不労所得だし、米国株高配当投資って魅力的だよね!

2019年は米国株が絶好調なことも相まって、相場が不安定な現在でも米国株高配当投資が大人気ですよね(^^)

しかし、無知無策で高配当ETF界に飛び込むのはあまりに危険なので、実際の銘柄を検証しながら知識を深めていきたいと思います。

これから米国高配当ETFを検討している方は一緒に勉強していきいましょう♪

ということで今回は、一番有名な米国高配当ETFといっても過言ではないVYM(バンガード・米国高配当株式ETF)の過去チャートを使用して、その魅力を検証してみました。

この記事を読んで分かること

  • VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)の特徴
  • VYMを積み立てた場合のリターン・リスク

この記事を読んでほしい人

  • これから米国高配当ETFに挑戦したい方
  • VYMに興味のある方

先に結論を言いますと、今回のシミュレーションではVYM(バンガード・米国高配当株式ETF)を毎月約2万円分購入し続けると、13年後には月13,000円の不労所得が完成するという素晴らしい結果となりました。

VYMって高配当といっても3%くらいでしょ?
たった2万が13年で月1.3万になるとは思えない・・

VYMの過去10年の配当利回りは3.25%でした。
これに米国の税金と国内の税金を差し引くと2.34%まで目減りします。

単純計算で100万円投資しても年2.3万円なので、とても月1万円を超える配当になるなんて考えられないですよね。

しかしなるんですよ、これが。

そのからくりはインカムゲイン(配当収入)ではなくキャピタルゲイン(株価上昇による利益)にあり、このキャピタルゲインこそがVYMの真の魅力だったんです。

米国高配当ETF【VYM】とは

バンガードVYM

VYMって何?という方のために簡単に紹介します。

バンガード・米国高配当ETF【VYM】

REIT(不動産)を除く米国株高配当利回りの大型株を中心に構成されているETFのことを言います。

  • インデックス:FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックス
  • 信託報酬:0.06%
  • 銘柄数:406
  • 過去10年配当利回り:3.25%

↓インデックス・信託報酬がよく分からない方はこちら↓

【用語解説】インデックスファンド(いんでっくすふぁんど)インデックスファンドとは「日経平均」や「ダウ平均」等の株式指標(インデックス)と同じような値動きをするように作られた投資信託です。...
【用語解説】信託報酬(しんたくほうしゅう)投資信託で資産運用するうえで、最も大きなウェイトを占める費用である「信託報酬」について詳しく解説します。...

上位銘柄とセクター構成比

上位銘柄セクター構成比
出展:バンガード

大型株が中心なだけあって、JPモルガンやジョンソン・エンド・ジョンソン、エクソンモービルなど日本でも聞きなじみのある企業が多いですね。

セクター別では金融が大きなウエイトを占めています。

株価の動き

vymドル建て円建てチャート2

こちらはVYMが設定された年からのドル建て・円建てチャートです。

皆さんは高配当投資で得た配当金は日本円で消費しますよね。

よくネットに出ているチャートはドル建てが多いですが、日本で生活している限り、必ず円に変換が必要です。

なので、今回のシミュレーションは全て円建てで行っています。

円建てチャートがほぼドル建ての下で推移してる・・

2019年末時点ではドル建てでは1.8倍、円建てであれば1.7倍とあまり差がありませんが、リーマンショック時はドル建てより10%余分に暴落し、その後長く低迷しています。

日本円に変換する際の為替リスクは想像以上に大きいということは知っておきましょう。

↓為替リスクについて詳しくはこちら↓

日本円と米国株は相性悪し!為替が米国株投資に与える影響がハンパない件日本で米国株投資している以上、資産を消費する際に必ず日本円に変換する必要があります。ということで、為替が米国株投資に与える影響を過去20年分のチャートを使用して調べてみました。...

VYMリターンシミュレーション

はい、それでは恒例の積立シミュレーションいってみましょう!

世にVYMのトータルリターンを記した記事は数あれど、積み立てた場合のシミュレーションはそんなにありません(たぶん)

僕は入金力の低い一般サラリーマンであり、一括投資は現実的ではない(やったら嫁さんに殺されるw)ので毎月積立で投資する予定です。

シミュレーション条件

円建てのVYMに約2万円積み立てる

  1. 計算期間はVYMが設定された2006年11月~2019年12月
  2. VYMのチャートはTradingviewでダウンロードしたものを使用
  3. ドル/円チャートはInvesting.comでダウンロードしたものを使用
  4. 約2万円分の株数を積み立てる
    ※ピッタリ買えないので2万円÷株価で四捨五入した整数の数を購入する
  5. 配当は過去10年の平均3.25%に外国税・国内税を差し引いた2.34%で計算
  6. 配当金が株価を超えた場合に追加投資する

※簡易な計算なのでイメージとしてお楽しみください(^^)

円建ての平均リターンは9.81%

VYM毎月2万円積み立て資産額推移3

シミュレーション結果です。

配当金がテーマなので、配当金を全て消費した場合、全て再投資した場合で比較しました。

配当金を再投資した場合、VYMを毎月2万円買い続けると元本の約2倍、720万円まで膨れ上がり、平均リターンは9.81%と超優秀な結果となりました。

配当を再投資しても13年で120万円の差かぁ
これくらいなら使っちゃってもイイかもね。
vymリターンリスク

こちらはリターン・リスク・累計配当金を比較した表です。
(トータルリターンは元本を差し引いた数値となっています)

毎月約2万円ずつ買い続けると13年でもらえる配当の累計額は87.6万円でした。

今回のシミュレーションでは配当金を消費した場合と再投資した場合では、意外なことに累計配当金は10万円しか差がありません。

これを

  1. 10万円しか違わないなら使ってしまおう
  2. たった10万円の差が再投資すると120万円を生む

と考えるかは人それぞれです。

僕は将来の資産形成を目的に投資をしているので後者の再投資をする派です。

たった2万円が13年後に毎月1.3万円の収入になる

トータルリターンが十分優秀なことが分かったので、今度は配当収入にスポットを当ててみましょう。

vym年別配当金2

こちらは配当金を年別に比較したグラフです。

グラフを見るとわかるとおり、配当金を全て再投資した場合、13年後の2019年にもらえる配当金は15.7万円(月1.3万円)にもなるんです。

配実質当利回りが2.34%しかないのに月2万円が13年で月1万円は無理でしょ

その秘密は冒頭でも触れましたがVYMのキャピタルゲイン(株価上昇による利益)にあるんです。

VYMは設定された2006年11月の株価は円換算で約5,800円ですが、13年の時を経て1万円にまで成長しているんです。

  • 5,800円 × 2.34% = 136円
  • 1万円 × 2.34% = 234円

たった2.34%の配当利回りもキャピタルゲインの相乗効果によって1.7倍に膨れ上がっているんです。

株価上昇の威力ハンパないって(;゚Д゚)

しかも今回のシミュレーションではリーマンショックを挟んでいるので、2008年~2012年にかけて安く購入できたのも大きな要因の一つとなっています。

ちなみに元本をベースに配当利回りを計算すると、

元本ベース2019年の配当利回り

15.7万円 ÷ 元本315.7万円 × 100 = 4.99%

税引き後で約5%は高配当戦略としてはぶっ飛びで優秀ですね!

このように、パっと見の配当は少なくてもキャピタルゲインによって超優秀な高配当銘柄に変身するのはVYM最大の魅力といえます。

ただし、株価が上がらないことも想定しておこう

今回のシミュレーションはリーマンショックを含んでいるものの、投資序盤のため影響が少なく、その後の米国株黄金期によって株価が爆伸びしているので平均リターン9.81%と凄まじいことになっています。

米国株の100年の平均リターンは6%前後と言われていることを考えると、このペースで資産や配当金が増えると考えるのは少し危険だと思っています。

ということで、株価が伸びない場合を想定したシミュレーションもしてみました。

vym株価変わらなかった時年別配当比較

こちらはもしVYMの価格が5,000円のまま変わらなかった場合と先ほどのシミュレーションの配当金を比べたグラフです。

株価が13年間全く伸びなかった場合は、再投資しても2019年の配当金は8万円と先ほどの約半分程となってしまいました。

VYMもキャピタルゲイン(株価上昇による利益)が伸びなかったら、配当もさほど伸びません。

13年も株価が伸びないことはあり得ないでしょ!

そんなことはありません。

実際に20年前の米国株は10年以上株価が伸びず低迷が続いた時期があったんです。

↓米国株の低迷について詳しくはこちら↓

ITバブル崩壊は13年も低迷が続く暗黒時代への入り口だった|米国株チャートで検証みなさん、ITバブル崩壊という恐ろしい暴落があったことを知っていますか? ITバブルとは 1990年代にwindows9...

超長期では高い確率で株価は伸びていくと思いますが、10年単位であれば低迷する可能性があることは頭に入れておきましょう。

まとめ|VYMはキャピタル×インカムで超優秀

要点まとめ

円建てVYMを毎月2万円13年買い続け配当金を再投資すると

  • トータルリターンは407万円
  • 月1.3万円の配当収入になる

超優秀だが、株価が伸びないと配当金も伸びない

今回シミュレーションをしてみて、VYMはキャピタルゲイン(株価上昇よる利益)もインカムゲイン(配当による利益)どちらも狙えるとても優秀な銘柄であるということが分かりました。

暴落や低迷の想定は必要ですが、長期運用することで高配当戦略として十分有用であると思います。

高配当ETF挑戦の第一候補だな!

高配当ETFで投資するなら楽天証券かSBI証券がおすすめ

投資初心者で高配当ETFを始めるならSBI証券楽天証券がおすすめです。

ネットで調べるとSBIも楽天もよく聞くけど、結局どっちがイイの?

そんなあなたのために証券会社の選択チャートを作成してみました。

どちらの証券会社を選んでも間違いはありませんが、普段よく使うサービスが何かによってお得度が変わります。

簡単に言うと

  1. 為替手数料を安く済ませたいならSBI証券
  2. 楽天系サービスをよく使うなら楽天証券

ちなみに僕は両方の口座を開設しています。

口座開設がまだの方はこれを機に開設してみてはいいかがでしょうか(^^)

↓口座開設(無料)はこちらから↓

SBI証券楽天証券

↓SBI証券について詳しくはこちら↓

PayPay×ソフトバンク×Yahooで40万円の得!?業界NO.1のSBI証券SBI証券はソフトバンク・Yahoo!Japanカード・PayPayを活用することでとても大きな恩恵を受けくことができます。その具体的な方法と口座開設方法を徹底解説します!...

↓楽天証券について詳しくはこちら↓

30年で100万円お得!?楽天証券は買い物ポイントで投資できる最強の証券会社楽天証券がおすすめ理由を簡単に説明すると「楽天証券ではカード決済が可能で1%のポイント還元される」「普段の買い物などで得たポイントも併せて投資信託を購入できる」の2点です。この理由だけで楽天証券を選択する理由になるほどお得なサービスです。...

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。

↓よろしければ応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ