ウェルスナビ

高い!WealthNaviの手数料は30年で総額376万円!|最大のデメリット

何かと話題になるウェルスナビの手数料。

高いのか、安いのか

今回は30年ウェルスナビで積み立てをした場合、総額で一体いくら手数料を払うのか計算し、一般的な投資信託でかかる費用と比べてみました。

結論から言いますと、30年で総額はなんと376万円!

これを安いと感じるか高いと感じるかはその人次第です。

月5万円30年積み立てると総額376万円

シミュレーション条件は以下の通りです。

シミュレーション条件

  1. 頭金100万円
  2. 毎月5万円を30年積み立てる
  3. 上記金額をウェルスナビ、楽天VTIで運用した場合を比較
  4. 利回りはどちらも同じとします。暴落等も考慮して一定の3%で計算
  5. ウェルスナビ手数料は1%で計算
  6. 信託報酬は楽天VTIの実質コスト0.311%で計算(利回りは3%で計算)
  7. 消費税は変動するので無視

まずは毎月支払う手数料のグラフです。

ウェルスナビの場合、30年後支払う手数料は年間26万円にもなります。楽天VTIだと9.1万円でその差は16.9万円です。

毎月1.4万円も多く支払うことになります。かなり大きな差ですね。

 

続いて、累計の手数料支払額です。

違いは一目瞭然!

頭金100万円、毎月5万円の積立を利回り3%で運用すると、30年後に3,026万円になりますが、その内なんと376万円が手数料でぶっ飛びます。

対して楽天VTIだと127万円。30年で249万円もの差が生じます。

 

ウェルスナビと投資信託の30年後の資産額を比較

1%と0.0311%、それぞれ運用すると積み立てた資産がいくらになるのかを比較した表です。

手数料で249万円もの差が生じると、期間中の複利運用にも影響が発生し、30年後の資産額は300万円もの差が生じます。

頭金100万円、毎月5万円の積立を利回り3%で運用すると、30年後に原資1900万円に対して3190万円になります。

ウェルスナビだとその内376万円が手数料でぶっ飛び、複利計算で資産額は2695万円となります。

対して、楽天VTIは2993万円。ウェルスナビと比べると資産額が1割以上も多くなるのです。

 

手数料1%でやってもらえること

手数料1%には以下の費用が含まれます。

出典:ウェルスナビ

為替手数料やリバランスにかかる費用も含まれるのはいいですね!

為替手数料は100万円をドルに代えることで2500円、売買手数料はSBI証券、楽天証券ともに約定額の0.45%かかります。

これに加えて

  • 自動発注
  • 自動積立
  • 分配金の自動再投資
  • 自動リバランス
  • 自動税金最適化(DeTAX)

をやってくれます。

ここまでやってもらえて手数料1%。あなたにとって高いでしょうか?安いでしょうか?

 

ウェルスナビは選択肢の一つ

ウェルスナビは何も知らないけど投資始めたいって方には打ってつけの投資方法ですが、手数料が高いのも事実です。

ウェルスナビはいうなれば積立投資の完全外注化なのです。投資の勉強はめんどくさい、ウェルスナビで十分って方はそのまま続けたらいいと思います。

手数料が高いか安いかは、その人それぞれの価値観によって異なるのです。

お金を払って外注するか、自分で運用して費用を抑えるかは自由です。

ただし、

勉強した方がもっと効率的に資産を増やすことができるというのは間違いないです。

今回のように手数料を総額でいくら払うのかよく計算せずにウェルスナビを始めている方も多いと思います。またウェルスナビが一体何に投資をしているのかも知らない人は多いと思いのではないでしょうか。

ウェルスナビを入口に「VTIって何だろう?」「へぇ、これがETFっていうんだな」「計算すると手数料高いな」って一つずつ知識を貯めていけばいいんです。

完全版|WealthNaviの取扱い金融商品(ETF)を知ろう投資の「と」の字を知らなくてもお手軽に投資を始められるウェルスナビ。 そのお手軽さゆえにウェルスナビが投資する金融商品について詳しく知...

そうすると、ウェルスナビ以上に効率的に資産を増やす方法があることに気づくこと思います。そこまでたどり着いた時にウェルスナビを卒業して新しい投資方法に切り替えたらいいんです。簡単に解約できるのもウェルスナビのメリットです。

WealthNaviをしている人はつみたてNISAもやってみよう!ウェルスナビを始めて半年くらい経ってくると、ウェルスナビはどこに投資をしているんだ?とか、手数料1%ってどうなんだ?とか気になっていろい...

いやいや勉強はめんどくさい、ウェルスナビで十分って方はそのまま続けたらいいと思います。手数料が高いとはいえ、ウェルスナビでもそれなりの実績が出ていますし、銀行に預けるよりこちらの方が絶対お得です。

これからウェルスナビで投資を検討されている方へ

先にも説明しましたが、ウェルスナビは簡単に言うと積立投資を外注する商品です。その分費用がかかりますが、何も知らずに始めるよりは火傷をする可能性はかなり低くなります

自分で金融商品を選択し資産を増やそうと思うと、基礎知識、金融商品の知識、商品を選択する判断力が必要です。

これらの習得は時間がかかりますし、知識なしで投資の世界に飛び込むと、高い確率で大きな授業料(失敗)を払うことになります。

そんな方々にマッチするのが、投資を外注するウェルスナビというサービスなのです。

世の中には様々な投資方法が存在しますが、投資未経験・知識ゼロで始めるのであれば、ウェルスナビは本当におすすめです。

今回ご紹介したとおり、手数料の高さは大きなデメリットですが、それを差し引いてもこれほどお手軽に投資を始められるサービスはありません。

これから投資を始めてみたいという方、ウェルスナビから試してみてはいかがでしょうか?
↓ウェルスナビの登録はこちらから↓

↓ウェルスナビや投資についてもっと知りたいという方はこちら↓

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村