生活お役立ち

【点鼻薬レビュー】ナザールvsトリナート

みなさん、点鼻薬って使いますか?

ぼくは3年前から突然慢性的な鼻炎とお友達になり点鼻薬を手放せなくなってしまいました。

今回は最近使用した2種類の点鼻薬を比較レビューしたいと思います。

普段愛用しているのはナザールなので、かなりナザールよりのレビューとなっておりますがご了承くださいw
でもナザールってすごいんですよ!

ナザールとは

ぼくが愛用する点鼻薬ですw

みなさん、鼻が詰まって寝苦しい夜ありませんか?
その悩み、ナザールが解決してくれますよ!

鼻に突っ込んで「シュッ」とするだけで、あっという間に鼻水を消し去ってくれます。


あれだけあった鼻水はどこへ行ったんだ?と思うくらい鼻どおりを改善してくれます。

ナザールを含め点鼻薬のすごさはこのとてつもない即効性!

飲み薬だと効きはじめるまで30分~1時間かかりますが、ナザールはその時間わずか数十秒!

これほどの薬が病院にかかることなく近所の薬局で購入できるというのは本当にすごいと思います。ぼくは最近までナザールは鼻水を消し去ってくれる薬だと思っていましたが、調べてみると実は鼻水を取り除くのではなく、炎症で腫れ上がった粘膜を収縮してくれる薬だったのです。

 

ナザールとトリナート成分比較

成分比較です
成分表

成分のはたらき
成分はたらき

冒頭のツイッターでは効きが全然違うと言っていますが、成分を比較してみると速攻で粘膜の腫れを静め鼻づまりを解消する成分、ナファゾリン塩酸塩の分量は全く同じでした。
違うのは殺菌作用があるか局所麻酔作用があるかくらい。

これには驚きでした。

効きが全然違うというのはもしかして気のせいなのか?ナザールが好きすぎるゆえのプラシーボ効果なのか?

いやいや違うんです!
あるんですよ!明確な違いが!

 

一番の違いは噴射ノズル

ナザールとトリナートの一番の違いは噴射ノズルの形状です。
ナザールの噴射ノズルは秀逸なんです!

それでは比べてみましょう

まずはトリナートの噴射ノズル
トリナートノズル2

先の細い先端部分に噴射孔が一つあいていて、ここから直線的に薬剤を噴射します。

対してナザールの噴射ノズル
ナザールノズル2

ナザールの噴射孔は面になっていて、ここから放射状に薬剤を噴射します。
さらに、液状で噴出するトリナートに対しナザールは霧状で噴出するのでワンプッシュで鼻全体に薬剤がいきわたります。

この差は歴然で、プッシュし瞬間に違いが分かります。霧状に噴射するので液だれもしにくく即効性も早いのです。

薬局で購入するとナザールはトリナートより200円ほど高いのですが、この噴射ノズルのおかげで値段以上の効き目を体感することができますよ。

 

点鼻薬は副作用もあるので要注意

ナザールを含め点鼻薬はその効き目と即効性から強烈な依存性があります。事実、ぼくも依存性からなかなか抜け出せなくなっていています。一時期はちょっとした鼻づまりでもワンプッシュしないと落ち着かなくなるほど沼っていました。

点鼻薬は、鼻の粘膜にいある血管を収縮させ、粘膜を薄くして、空気の通り道を無理やりに広げる薬です。

多量に長期間使用すると粘膜が腫れてしまい、かえって鼻づまりがおこってきます。さらにそこに点鼻薬を使用することによって悪循環が生じ薬剤性鼻炎という病気にかかってしまいます。

ナザールを手放せなくなってしまったぼくは、おそらくこの薬剤性鼻炎にかかってしまっていると思います。

最近は、本当にツラい時だけに限定し用法・容量を守って使用するように心がけています。

そのせいか、鼻づまりは若干緩和しました。

このように、依存症・副作用はありますが、用法・容量さえ守れば何も怖いことはありません。

鼻づまりで本当に困ったときは非常に頼りになる薬です。
鼻づまりで寝苦しい夜がある方は一度お試しあれ!