ブログ運営

【2019年版】livedoorブログからWordPressへの引越し手順

先日のブログにも書きましたが、livedoorブログからWordPressに引越しました。

引越しの理由はlivedoorでは常時SSL化できないことやスマホ版の強制広告が想像以上に邪魔だったこと等いろいろありますが、ここで話すと長くなるので過去記事をお読みください。

livedoorブログからWordPressへ引越しを決意した理由 https://twitter.com/tryinvestment/status/1024237923581841413 ...

 

WordPressへの引越し、ナメてましたw

細かいところでいちいち引っ掛かって鬼のように時間が溶けていきますので、家の引越しと同じように丸1日休みを取って行うことをお勧めします。

今回はつまづいて上手くいっていないところ、その対処法も含め、パソコンにあまり詳しくない方でも引越しができるように全行程をご紹介します。

 

WordPressへ引越しの前提条件です

  1. livedoorブログでブログ運営
  2. livedoorブログ開始時に独自ドメインを取得
  3. 使ったパソコンはwindows10
  4. エックスサーバーへ引越し

livedoorブログを運営している時点で独自ドメインを取っているかどうかで多少工程が変わってきますのでご注意ください。

 

WordPress用のサーバをレンタルする

WordPressでブログを始めるには原則レンタルサーバを契約する必要があります。

そしてぼくが契約したのはエックスサーバーです。

twitterでアンケートを取るとダントツでエックスサーバーでした。

ランニングコストの安いさくらインターネットと悩んだのですが、高いシェアによる安心感表示速度の速さ同時接続のキャパなどを考慮しエックスサーバーにしました。

契約プランは「X10」です。

レンタル料は月1,000円。頑張って稼がねば!

エックスサーバー契約はこちらから


さくらインターネットなら1ヵ月500円からレンタルできます。エックスサーバーと比べると表示速度が劣るようですが、用途によったら必要十分だと思います。


独自ドメインを取得する

WordPressでブログを運営するには必ず独自ドメインが必要です。

ぼくはlivedoorブログの時から独自ドメインを取得していたのでそれをそのまま使用しましたが、まだという方は新しく取得する必要があります。

独自ドメインはエックスサーバーでも取得することができます。エックスサーバーで取得するとその後の設定が簡単になるらしいので、こだわりのない方はサーバーと一緒にドメイン取得する方がいいと思います。

ちなみにぼくはムームードメインで取得しました。

 

サーバーに独自ドメインを登録する

サーバーと独自ドメインが準備ができたら、サーバーに独自ドメインを登録します。

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインし、「ドメイン設定」を選択します。

「ドメインの追加設定」タブを選択しドメインを入力、「ドメインの追加(確認)」をクリックします。

追加ボタンをクリックすると「無料独自SSLの設定にしっぱいしました」と表示されると思います。これは独自ドメインがlivedoorブログと結びついている(まだエックスサーバーに切り替わっていない)ためで、今はまだ設定できないので放っておきます。

 

エックスサーバーにWordPressをインストール

WordPressをインストールします。

エックスサーバーには「簡単インストール」という機能がついているので簡単にインストールすることができます。

サーバーパネルのトップページから、「WordPress簡単インストール」をクリックします。

取得した独自ドメインを選択し、「WordPressのインストール」タグをクリックします。

必要事項を入力して「インストール(確認)」をクリック。

  • インストールURL:ドメインを選択、「/」の後ろは空白でOK
  • ブログ名:自分のブログ名
  • ユーザー名:任意のユーザー名
  • パスワード:任意のパスワード
  • メールアドレス:自分のメールアドレス
  • データベース:自動でデータベースを生成する

入力が正しければ「確定」をクリック。

 

hostsファイルを書き換える

WordPressをエックスサーバーにインストールが完了するとWordPressにアクセスできるようになります。「WordPress簡単インストール」から独自ドメインを選択し、「ダッシュボードへ」をクリックするとログイン画面にアクセスできます。

しかし、ぼくのようにlivedoorブログ等他のブログサービスから独自ドメインごと引越しの方はWordPressのログイン画面には飛ばず、「このサイトにアクセスできません」というエラーページが表示されます

エラーに原因は、ライブドアブログで既に独自ドメインで運用している場合、DNS(ドメイン・ネーム・システム)サーバが「独自ドメインで始まるページにアクセス → ライブドアブログのサーバーへ」という指示をしているからなのです。

そこで、パソコン側のhostsファイルと呼ばれるファイルを書き換え、「このパソコンから独自ドメインにアクセスする場合に限り、こっちのサーバーへ」という設定を行います。

まずは「メモ帳」を右クリックし「管理者として実行」で開き、左上のファイル→開くをクリックします。

青枠にhostsファイルの場所を入力します。

  • 【Windows 7以降】hostsファイルの場所   
     C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts
  • 【Mac】hostsファイルの場所
    private/etc/hosts↑コピーして青枠に貼り付けてください。

右下の「テキスト文書」を「すべてのファイル」に変更するとウインドウにhostsファイルが表示されます。→ダブルクリックで開きます。

hostsファイルの一番下に「エックスサーバーのIPアドレス 独自ドメイン」を入力し、上書き保存します。IPアドレスとドメインの間はスペースを空けます。

エックスサーバーのIPアドレスは「アカウント」→「サーバー情報」に記載してあります。

引越し完了後はhotstファイルを書き直して元の状態に戻す必要があります

これでhostsファイルの書き換えは完了です。

 

では、WordPressにログインしてみましょう。

サーバーパネルの「WordPress簡単インストール」をクリックし独自ドメインを選択すると「ダッシュボードへ」と出てくるのでクリックします。

ログイン画面が出てきたらOKです。「このサイトにアクセスできません」というエラーページ表示されたらhostsファイルの書き換えが上手くいっていないので見直してみましょう。

 

livedoorブログから記事をエクスポート

ライブドアブログでこれまで書いてきた記事をWordPressに移行します。

まずは、ライブドアブログから記事データをエクスポートします。

ライブドアブログの「ブログ設定」→「バックアップ(エクスポート)」をクリック。

「ブログの書き出し」画面が表示されます。

  • カテゴリ:すべてのカテゴリ(カテゴリ未設定を含む)
  • 期間:すべての期間
  • コメント/TB:コメントを含める
  • 記事:すべてにチェック
  • 改行:改行をそのまま出力
    ※<br>タグに変換すると記事が崩れました
  • 圧縮:チェックしない

「ブログのデータを書きだす」をクリックすると記事データ「backup.txt」をダウンロードできます。

 

livedoorブログから画像を一括ダウンロード

先ほどの記事データには画像データは含まれていませんので、別途livedoorブログから画像を抜き出す必要があります。

livedoorブログの設定には画像をダウンロードする項目がないので「GetHTMLW」というツールで一括ダウンロードします。

GetHTMLWのダウンロードはこちら

ダウンロードが完了後、GETHTMLW.exeをダブルクリックして起動します。

左上「取得」をクリックし、livedoorブログのURLを入力、実行をクリックすると一括ダウンロードが開始されます。

ダウンロード後、フォルダが複数個できますが必要なのは、livedoor.blogimg.jp」というフォルダの中にある「imgsというフォルダのみです。他は紛らわしいので削除しましょう。

 

画像をエックスサーバーにアップロード

先ほどダウンロードした画像データをエックスサーバーにアップロードします。

アップロードには「FFFTP」というツールを使用しました。

FFFTPのダウンロード、使い方については詳しいサイトがありましたのでそちらをご覧ください。

FFFTPダウンロードと使い方(外部サイト)

ダウンロードした「imgs」フォルダをそのまま、アップロードします。

画像フォルダのアップロード場所

/独自ドメイン/public_html/wp-content/uploads/

独自ドメインはぼくの場合は「tryinvestment.net」

と、アップロードの手順はここまでですが、ぼくの場合はアップロードまではできたのですが、なぜかWordPressが認識してくれず上手くいきませんでした(-_-;)

アップロードが上手くいかなくても引っ越す方法はあるので次に進みます。

 

記事データの画像リンクを書き換える

livedoorブログからダウンロードした記事データ(backup.txt)は、ライブドアブログのサーバー内にある画像を読みにいくようになっているので、このままWordPressへアップロードしても記事に画像が反映されません。

これを解消するため記事データ内の画像リンク部分の書き換えを行います。

ダウンロードした記事データ(backup.txt)を開き、「Ctrl+H」を押し下記の通り一括置換します。

http://livedoor.blogimg.jp/ライブドアアカウント/ を

http://独自ドメイン/wp-content/uploads/     に書き換えます。

「文字コード」が「UTF-8」になっていることを確認して保存しましょう。

ここを崩すと画像を読み込めなくなります。

 

パーマリンクの形式を設定する

記事取り込みの前にWordPress側のパーマリンク設定をlivedoor側に合わせて設定します。

こうすることによって記事のアドレスを全く同じ形で引き継ぐことができます

livedoorブログのデフォルト形式の場合は、「カスタム構造」を選択し空白部分に「/archives/%postname%.html」を入力すると引継ぎができます。

 

WordPressに記事データをインポート

WordPressに記事データをと取り込みます。

WordPressの管理画面 → 「ツール」 → 「インポート」 → 「Movable Type と TypePad」 → 「今すぐインストール」 → 「インポーターの実行」をクリック。

「ファイルを選択」し保存した「backup.txt」をアップロードします。

投稿者の割り当ては任意のユーザー名を入力します。(なんでもいいです)

「実行」を押すとインポートが開始されます。

すべて完了しました。ではお楽しみください!」と表示されるとアップロード完了です。

しかし、ぼくの場合は19記事中6記事が「インポート中」と表示されいくら待っても取り込まれることはありませんでした。

仕方がないので、インポートされなかった記事はlivedoorブログ側の記事の編集画面で「HTMLタグ編集」をクリックし、本文を丸々コピーしてWordPressの新規投稿に貼り付けて移行しました。

サイトを表示してインポートされているかを確認し、できていたらこれでWordPressへの移行作業は完了です。

画像は何もいじっていないWordPress画面です。この時点ではlivedoorと変わらないw

 

画像の一括インポートに失敗した方へ

ぼくのように画像の一括取り込みにし失敗した場合は、基本的には記事を一つ一つ手作業で修正していかなければなりません。

では、修正しない限り過去記事はインポートできないのか?と言うとそんなことはなく他の方法もあります。

「9.記事データの画像リンクを書き換える」にも書きましたが、livedoorブログからダウンロードした記事データ(backup.txt)は、livedoorブログのサーバー内にある画像を読みにいくようになっているので、ダウンロードした記事データの画像リンクを書き換えずにアップロードすると、livedoorブログのサーバーから画像を引っ張って表示してくれます

ただし、以下の項目に注意して、自己責任でお願いします。

  • livedoorブログ側の規約に違反している可能性があります
  • 引越し後常時SSL化する場合、非SSL化のlivedoorブログから画像を引っ張っているページはSSL化されない可能性があります。

常時SSL化はぼくがブログを引っ越しを決意した要因の一つですが、ページが非SSLだとgoogle検索で不利になりますし、将来的には危険なサイト扱いされる可能性が高いので、ブログで収益化を目指す限りは遅かれ早かれ画像リンクは修正が必要だと思います。

 

DNSサーバーの切り替え

ここまでの作業が完了したら、最後にDNSサーバーの切り替えを行います。この工程によってWordPressのブログが全世界に向け公開されます(他の人からも見える状態になります)。

現段階ではDNS(ドメイン・ネーム・システム)サーバが「独自ドメインで始まるページにアクセス → ライブドアブログのサーバーへ」という指示をしているので、「WordPressブログをインストールしているエックスサーバーへ」という指示に変更します。

DNSサーバーの切替えはドメイン契約している事業者(ぼくの場合はムームードメイン)で行います。

コントロールパネル → 「ドメイン操作」 → 「ネームサーバ設定変更」 → 「ネームサーバ設定変更」をクリック。

GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」のラジオボタンを選択し、その下にネームサーバを入力します。

ネームサーバはエックスサーバーのサーバーパネルの「サーバー情報」を開くと記載されてます。

入力後「ネームサーバ設定変更」ボタンを押すと完了です。

DNSサーバーの切り替えは約1日かかります。ブログ引越しを急いでいる方は早めに切り替え作業を行い、切り替わる間に引っ越し作業を行うのもいいかもしれません。

以上がぼくが行った引っ越し作業の全行程となります。

いかがだったでしょうか?

ぼくの知識不足により画像のインポートなど上手くいかないこともありましたが、何とか引越しを完了することができました。(これから画像リンクの修正が大変だけど・・・)

業者さんに有料で依頼する方法もありますが、3万円くらいかかるみたいです。ブログ初心者が3万円取り返すのはとても大変なので、ぼくのように記事数の少ない方は自力で頑張った方がお得だと思います。

一番最初にも書きましたが、時間はかなり多めに見積もってください。どんなに手際のいい方でもなんだかんだで丸1日は絶対かかると思います。

ぼくのように初心者なら2日以上かかります。

でも時間があれば何とかなる難易度だと思います。なので引越しをするか迷っている方、是非トライしてみましょう!

この記事によってWordPressへの引越しを検討している方の参考になれば幸いです。

2019年版|PC初心者向け!エックスサーバーでWordPress常時SSL化の手順完全版!本日はWordPressブログの常時SSL化の手順をご紹介します。 今年の7月にgoogleのブラウザであるChromeがアップデ...
livedoorブログからWordPressへ引越しを決意した理由 https://twitter.com/tryinvestment/status/1024237923581841413 ...

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村