【用語解説】リバランス(りばらんす)

リバランスとは

リバランスとは相場変動で変化した投資配分の比率を調整してバランスを取る運用方のことを言います。
具体的には値上がりした銘柄を売却し、値下がりした銘柄を買い増すことで資産配分を元の比率に戻します。

要点まとめ
  1. 相場変動で変化した資産配分を元の比率に戻す
  2. リバランスの目的はリスク管理
  3. 値上げ銘柄を売り、値下がり銘柄を買い増すので投資初心者には難しい

リバランスの目的はリスク管理

リバランスの目的は価格変動によって変わってしまった「リスク」を元に戻すことです。


例えば、資産配分が先進国株50%、国内債券50%の場合、平均リターンは4%にたいしリスクは9.2%です。

↓リスクとリターンについて詳細はこちら↓

【用語解説】利回り(りまわり)利回りとは元のお金(元本)に対しどれくらい資産が増えたのかを表す指標で、通常は1年あたりの平均利回り「〇%」で表されます。 増えた資産は株価の値上がり分のほかに利息や分配金等も含まれます。...
【用語解説】リスク(標準偏差)投資におけるリスクは「危険」ではなく、利益の変動幅のことを指します。そんなリスクの見方について詳しく解説します。...


これが株価の暴騰などにより先進国株式と国内債券の比率が70:30になると、リターンは4.6%に上がりますが、リスクも12.9%に上がってしまいます。

リスクが高いまま運用していると、自分のリスク許容度以上に価格が下がり、耐えられなくなる可能性があります。

このように資産配分を調整してリスクをコントールすることをリバランスといいます。

初心者には難しい

リバランスは値上がりしている調子の良い銘柄を売却し、値下がりし調子の悪い銘柄を買い増す行為なので、投資初心者には心理的に難しい面があります。

なので、「AとBの差が〇%以上になったらリバランスをする」といった一定のルールを定めて機械的に行なうことが一般的です。

↓暴落時のリバランスについてコチラに詳しくまとめてあります↓

大暴落対策を大公開|来るとわかっているなら今のうちに準備しよう長期投資をしていると必ず遭遇する歴史的大暴落。残念ながらこの暴落を回避する方法はありません。回避できないのであれば今のうちに準備と対策をしておきましょう。この対策をするかしないかで将来のリターンは大きく変わりますよ!...

↓利回り・リスクを見ながら投資信託を選べるようになる方法はこちら↓

知識ゼロから10分で自分に合った投資信託を選べるようになる方法知識ゼロから10分で「投資信託の銘柄の選び方」をどこよりも分かりやすく紹介します。銘柄の選び方を習得することで、リターンとリスクの本質も分かるので銘柄選択が楽しくなりますよ。...

 

専門用語辞典トップに戻る