投資信託でコツコツ積立投資|つみたてNISA・iDeCo

ここでは全自動のウェルスナビ投資からの次のステップ、つみたてNISAやiDeCoを活用した投資信託による資産運用をご紹介します。

投資信託をするならまずは積立NISAがおすすめ

つみたてNISAとは

2018年1月にスタートした長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。年間40万円を上限に投資信託をつみたてることが可能(非課税で保有できる投資総額は最大800万円)で、ここで得た分配金と値上がりした後に売却して得た利益は、購入した年から20年間課税されません

で、この「購入から20年間非課税」というのが、とってもお得でみんな騒いでいるわけです。

投資の利益には20.315%の税金がかかる

投資信託などの金融商品に投資した場合、分配金・売却益には通常20.315%の税金(所得税+住民税+復興特別所得税)がかかります。

利益から税金で2割も引かれるんです(;゚Д゚)

しかし、つみたてNISAならこの税金がなんとゼロになるのです。

つみたてNISAには期限がある

そんなお得なつみたてNISAですが、今の法律では2037年までしか投資できません。

今、こうしている間にも、どんどん投資できる期間は短くなっているので、まだの方は急いで始めましょう!

来年始めると40万円の損!積立NISAは2019年内に始めないと投資できる限度額が40万円減る積立NISAの投資期間は20年というのはご存知だと思いますが、2037年で制度が終わってしまうこともご存知ですか?今始めても既に20年投資できないのです。年をまたぐごとに投資可能額が40万円ずつ減っていくので急いで始めましょう!...

20年後非課税期間が終わるとどうなる?

つみたてNISAの非課税部分は20年後にどうなるのか気になりますよね。

  • 期限が来たら売らないといけないのか?
  • そのまま続けて運用はできるのか?
  • その場合、これまで出た利益は非課税じゃなくなるのか?

金融庁のHPには「非課税期間終了時の時価で払い出されることとなり、つみたてNISA勘定で保有していた間の値上がり分には課税されません」と明記されています。

ということなので、20年後に暴落してようが暴騰してようが無理して売却する必要はありません。ご安心ください。

↓つみたてNISAの出口戦略についてまとめた記事です↓

つみたてNISAで20年後に暴落した時の切り抜け方|非課税枠の特性を利用しよう!つみたてNISAの20年後に暴落した時の対処方法を解説します。「20年後の非課税枠」を詳しく知ることで暴落を切り抜けることができるのです。...

 

節税効果抜群!掛け金の2割が返ってくるiDeCo

iDeCo(確定拠出型年金)も節税効果抜群の投資方法です。

iDeCoのメリットは一石三鳥の節税効果です

  • 積立時…掛金分が所得税や住民税から控除される
  • 運用時…運用で得た利益は非課税に
  • 受取時…退職所得控除や公的年金等控除の対象となる一定額が非課税に

↓iDeCoのメリット・デメリットなどはこちらの記事が参考になります(外部サイト)↓

つみたてNISAと同様に、運用益の非課税は大きなメリットですが、節税効果もかなり大きいのでオススメです。

僕のような一般サラリーマンなら掛け金の2割が年末調整で返ってきます。掛け金が10万円なら2万円が返ってきます。これは大きいですね!

ちなみに個人年金だと約6,000円しか返ってきません。

個人年金をやってるけど、iDeCoはやっていないという方はすぐに切り替えましょう。

https://tryinvestment.net/20180907idecodesetsuzei/

 

リンク集|おすすめの投資信託をご紹介

つみたてNISAやiDeCoがお得なのはわかったけど、結局何で運用したらいいの?というあなたにオススメの投資信託をご紹介します。

過去の実績なら断然米国株がおすすめ

米国株は全世界の株価時価総額の半分以上を占めていて、世界最強の株式です。実績でも、過去10年で株価は2倍になり、文句のつけようがありません。

↓VTIとS&P500、どっちがいいのとお悩みの方にはこちらの記事がおすすめです。↓

楽天VTIはS&P500より暴落に強い!過去リターンで検証してみた米国株投信の代表格である楽天VTI、slimS&P500。両者の違いは暴落時の動きにあります。過去チャートを使用しシミュレーションして結果、楽天VTIの方が暴落に強いという結論が導き出されます。...

米国が衰退するリスクを考えるなら全世界株式

現在は文句なしで米国株が最強ですが、30年後はどうなっているかわかりません。米国の衰退のリスクをとるのであれば全世界株式がおすすめです。

楽天VT(全世界株式)の利回りは?過去5年・10年実績でシミュレーションしてみた今回は、つみたてNISAやiDeCoでも運用可能な投資信託、楽天・バンガード・ファンド(全世界株式):通称 楽天VTについてシミュレーシ...

楽天VTは株式100%版ウェルスナビの様な商品です。同じように世界に分散投資できるのに、手数料はウェルスナビの半分!

リバランスも不要なので、ウェルスナビを卒業された方や、知識なしで投資をされる方はこの楽天VTから始めるのはアリだと思います。

ここから始めて、知識がついてきたら自分に合ったスタイルにチェンジしく手法もとれます。

楽天VT以外にも世界分散投資ができる投資信託はあります。(外部サイト)

↓米国株より実績が劣る全世界株式を買う理由があるのか?とお思いの方はこちらの記事がおすすめです↓

2019年データで検証!楽天VTIに実績で劣る楽天VTに投資する理由米国株VTIと全世界株VTの過去実績でリターンを比べてみました。結果は当然米国株の方が優秀で、しかも暴落時の下落率も両者ほぼ同じでした。結果だけ見ると米国株一択ですが、それでも全世界株を選択する理由を解説します。...

一発逆転?新興国株投資

新興国は人口の平均年齢が若い上、増加している国が多いので、今後経済発展していく可能性が高いといえます。

発展途上な分、伸びしろも抜群なので、今のうちに投資しておくのも戦略の一つです。

ただし、発展途上国は法律やインフラが整っていないなど、発展を阻害する問題も多く抱えているので、あくまでもポートフォリオのサブとしての投資しましょう。

↓投資信託ではなくETFですが、僕が投資している商品を紹介します↓