知識不足をAIが補完!ウェルスナビで全自動な資産運用

LV1:投資を始める前に知っておこう!投資の考え方とリスクを読んでいただいた方は、投資についての考え方は身についていると思います。

↓まだの方はこちらをお読みくださいませ↓

投資を始める前に知っておこう!投資の考え方とリスクこのサイトは30代の地方サラリーマンで2児の父向けに資産運用をご紹介するブログです。 段階を追いながら、あなたのスタイルに合った投資方...

この記事でわかること

  • ウェルスナビとは?
  • ウェルスナビが向いている人・いない人
  • ウェルスナビのメリット・デメリット
  • 銀行預金のリスク

この記事を読んでほしい人

  • 投資未経験者で、これからウェルスナビで投資を検討している方
  • ウェルスナビを始めたいけど損失が出て失敗しないか悩んでいる方

よし、考え方はわかった!さぁ、投資を始めよう!

と思っても、何に投資をしたらいいかさっぱりわからないですよね(;^_^A

そんな方には、投資初心者の入り口ともいえるウェルスナビがおすすめです。

ウェルスナビってどんなサービス?

こちらはウェルスナビ公式のサービス案内です。1分50秒でウェルスナビの概要がわかります。

ウェルスナビは簡単に言うと、世界への分散投資の完全外注化です。

主なメリット・デメリットをまとめると

主なメリット

  • 知識なしで投資を始められる
  • 全自動なので時間がなくても投資ができる
  • 全自動なので余計な感情を排除できる
  • 税金の支払いまでやってくれる(確定申告不要)
  • 1営業日で出金可能(手数料もなし)

主なデメリット

  • 元本割れのリスクがある
  • 全自動なのでどの商品にいくら投資するかは決められない
  • 手数料が1%と割高である

ウェルスナビが向いている方、向いていない方をまとめると

LV2:ウェルスナビが向いている方
  • 知識は全く無いけど、とりあえず投資をやってみたい方
  • 投資をやってみたいが、時間がない、勉強はしたくない方
LV3:投資信託で積立投資が向いている方
  • 投資の知識を身に着けたい、金融商品は自分で選びたい、コストを抑えて投資したい方
  • 自分でリスクコントロールしたい方
  • つみたてNISA・iDecoで投資をしたい方

基本的には放ったらかしなので仕事が忙しく投資の情報収集をする時間のない方や投資に興味があるけど投資について何も知らない方に向いています。

しかも、緊急事態で資金が必要となった場合でも1日あれば投資した資金を引き出すことができます。ほぼ銀行と同じような感覚で使用が可能です。

逆に、ある程度自分でコントロールしたい、金融商品は自分で選び、自前でポートフォリオを組んで運用したい!という方にはウェルスナビではなく、投資信託などの投資方法をお勧めしています。

外注化サービスであるウェルスナビより低コストで資産運用が可能です。

そんな方には次のステップ(LV3)へどうぞ。

投資信託でコツコツ積立投資|つみたてNISA・iDeCoここでは全自動のウェルスナビ投資からの次のステップ、つみたてNISAやiDeCoを活用した投資信託による資産運用をご紹介します。 投資...

どちらも一長一短なのであなたのスタイルに合うやり方で始めましょう。投資の経験値ゼロならウェルスナビは超おすすめです!

何も知らないからウェルスナビから始める、というのはアリです。知識がついてきたらウェルスナビを卒業して次のステップに進むというのも一つの選択肢です。簡単に解約でき、別の投資方法に乗り換えられるのもウェルスナビのメリットです。

最初からある程度は自分でコントロールしたい、金融商品は自分で選び、自前でポートフォリオを組んで運用したい!という方には、次のステップLV3:投資信託でコツコツ積立投資へ進みましょう。

 

メリット①入金するだけ!後はお任せ全自動!

積立投資を実践うえで、投資経験がゼロの方がまず初めにぶつかるハードルは

  • どの商品を選んでいいかわからない
  • 選択する基準・価値観をまだ持っていない
  • 手放すのタイミングがわからない

ハードルというか、そもそもやり方がわからないんですね。

できれば勉強代(失敗)は払いたくないし・・・
(ぼくはすでに仮想通貨で大失敗していますがw)

そこでぼくが出会ったのがウェルスナビでした。

先ほども言いましたが、ウェルスナビは簡単に言うと、世界への分散投資の完全外注化です。

ウェルスナビ自動

手数料1%払ってくれれば、

  • 知識が必要な買い付けやリバランスを代行しますよ!
  • 選りすぐりの商品の中からあなたに合ったポートフォリオを構築しますよ!
  • 税金等めんどくさい処理を全て代行しますよ!

という投資の超初心者向けサービスです。

ウェルスナビは情弱向けのサービスだ!なんて批判もよく聞きますが、言い方を変えれば「情弱でも投資ができる」素晴らしいサービスなのです。

↓コチラを読んでいただければ、ウェルスナビの敷居の低さ、素晴らしさがわかります。↓

WealthNaviは情弱向け商品?デメリットは高い手数料?評判を検証する最近、手数料高い!ウェルスナビやるなんて情弱だ!とか、ウェルスナビのアフィリエイトやってるヤツは金に魂を売ってる!なんていうアンチウェル...

やることは毎月の自動積立額を設定するだけ!その後は相場が上がろうが下がろうが、完全自動の放ったらかしでOK!というのがウェルスナビ最大のメリットです。

 

メリット②最大の敵「感情」を排除できる

投資の最大の敵は感情だ!

とよく言われますが、、これは仮想通貨で実際に経験しました。

常に動く相場を見ていると、ぼくのような投資初心者は相場の動きに一喜一憂してしまいます。

この相場を見ながら売り買いすると時間が鬼のように溶け、精神的にもとても消耗してしまいます。

しかし、ウェルスナビは全自で投資を行ってくれます。相場がどう動こうが人間の感情など関係なく淡々と設定金額を積み立ててくれるのです。

さらに、暴落時はリバランス(分散投資の配分調整)も自動で行ってくれます。暴落時のリバランスは初心者投資家の知識と精神力ではかなりハードルが高いので非常に便利な機能だと思います。

あとは積立投資の負けルールである

暴落時に売却しない

だけ守ることができれば大コケすることはないと思います。

 

ウェルスナビは何に投資してるの?

何に投資をしていて、どれくらいのリターンがあるのか、気になりますよね。

ウェルスナビが投資している金融商品は米国株(VTI)、日欧株(VEA)、新興国株(VWO)、米国債券(AGG)、金(GLD)、不動産(IYR)の6種類です。

この中でも米国株(VTI)はこの10年で価格が2倍になった最強商品の一つです。

完全版|WealthNaviの取扱い金融商品(ETF)を知ろう投資の「と」の字を知らなくてもお手軽に投資を始められるウェルスナビ。 そのお手軽さゆえにウェルスナビが投資する金融商品について詳しく知...

これらは全て、それぞれの分野で実績を残してきた実力のある金融商品です。これまでのリターンなど知識を深めていくと、投資がもっと楽しくなりますよ。

ウェルスナビってどれくらい儲かるの?

ウェルスナビは設定するリスク許容度によってリターンが変わってきます。

日本で一番有名なロボアドバイザー(AI)がはじき出した利回りは

  • 最小のリスク許容度1で1.569%
  • 最大のリスク許容度5で3.401%

ロボアドバイザーが計算した3.401%で100万円で運用すると、約21年で資産が倍になります。

↓こちらで簡単な計算方法を紹介しています↓

元本が2倍になるまで何年?複利計算が簡単にできる「72の法則」と「115の法則」皆さんは元本100万円を利回り3%で運用すると、2倍になるまで何年かかるか計算できますか? 今回は元本が2倍・3倍になるまでの期間...

ちなみにぼくはリスク許容度4で運用しています。計算では毎月5万円ずつ積み立てると30年後に70%の確率で3,217万円以上になります。

↓こちらでレベル別のリターンや利回りをまとめましたのでご覧ください↓

 

最大のデメリットは1%の手数料

ここまでウェルスナビを絶賛してきましたが、当然デメリットもあります。

その中でも最大のデメリットは1%の手数料です。

手数料については意見が分かれるところです。完全外注化で投資したい方にとっては高く感じないでしょうが、自分で商品を選んで運用される方には高額に感じます。

たった1%、されど1%。ちりも積もれば大きな金額になります。事実として、ウェルスナビの手数料1%は高額な部類に入ります。

高い!WealthNaviの手数料は30年で総額376万円!|最大のデメリット何かと話題になるウェルスナビの手数料。 高いのか、安いのか 今回は30年ウェルスナビで積み立てをした場合、総額で一体いくら手数料...

これを読むと手数料高すぎ!と感じるかもしれませんが、ウェルスナビの取扱い金融商品は、これまでこの手数料を大きく上回る実績を残してきたものばかりです。

投資に時間をさけない方でも、全自動で実績の残せるウェルスナビは優秀な商品です。

いやいや、高すぎる!と感じた方は自分で商品を選択し運用するLV3:投資信託でコツコツ積立投資へ進みましょう。

投資信託でコツコツ積立投資|つみたてNISA・iDeCoここでは全自動のウェルスナビ投資からの次のステップ、つみたてNISAやiDeCoを活用した投資信託による資産運用をご紹介します。 投資...

↓ウェルスナビのデメリットまとめはこちらです↓

WealthNaviの知っておくべき5つのデメリット!それでも初心者は始めるべき最近、CM等で露出が増えてきたウェルスナビ。 ウェルスナビで投資を始めてみたいけど、踏ん切りがつかない、一歩を踏み出せないという方...

 

実績公開|お前の運用実績、見せてみろよ!

え、い、今ですか?

しょうがない、公開しましょう。

WealthNavi運用実績|2019年1月|8.5万円価格が戻る|-1.59%2018年3月から始めたウェルスナビ。リターンが気になる方が多いので毎月経過を公開しています。 ↓ウェルスナビのについて詳しく知りたい...

運用開始10ヵ月目、12月は米中貿易摩擦とFOMC(米連邦公開市場委員会)が利上げを行ったため株価が大きく下がり、12月末時点で-7.5%と大きな含み損を抱えてしまいました(;^_^A

しかし、LV1:投資を始める前に知っておこう!投資の考え方とリスクを読んでいただいた方はお分かりですよね。

そう、相場が悪い時ほど仕込み時です。

積立投資において、短期の相場変動に一喜一憂することは意味がありません。何があっても淡々と積み立て続けることが勝利への道なのです。

↓暴落時の立ち振る舞いに関する記事です↓

 

大きな一歩|まずはウェルスナビで投資を始めよう!

ここまで紹介してきた通り、ウェルスナビは積立投資を外注する商品です。その分費用がかかりますが、何も知らずに始めるよりは火傷をする可能性はかなり低くなります

まだ投資を始めていない、これから始めたいという方にとってウェルスナビは超オススメの投資方法です。

↓まだ心配だ!という方はこちらをお読みください↓

WealthNaviは儲かるのか?損失・失敗の心配を完全解決! この記事を読んでほしい人 投資未経験者で、これからウェルスナビで投資を検討している方 ウェルスナビを始めたいけど...

銀行預金にもリスクはある

投資を始める前は「リスクがあるから怖い」と感じている方は大半ですが、預貯金のみで資産形成をすることにもリスクがあります。

銀行預金のリスク

  • 銀行倒産時1000万円までしか保証されない
  • 物価が上昇した場合、資産価値が下がる

預け先の倒産は銀行だろうが投資だろうがリスクは同じですが銀行預金最大のリスクは物価上昇(インフレ)に対応できていないことです。

日本は年2%の物価上昇を目指しています。ご存知の通りそんなペースでは上がっていませんが物価は確実に上昇しています。

銀行の0.001%、100万円を20年預けても約2万円しか増えません。20年後、物価が10%上昇していたら20年後の102万円は91.8万円の価値しかなくなるわけです。

安全と思っている銀行預金にも価値が目減りするリスクがあるのです。

ウェルスナビでインフレに対応した資産形成をしよう

先ほども説明した通り、銀行預金だけではインフレに対応できません。
一般世間で資産運用をしている個人投資家の大半は、このインフレに対応しより多くの資産を形成するために積立投資をやっています。

しかし、投資で資産を増やそうと思うと、基礎知識、金融商品の知識、商品を選択する判断力が必要です。

これらの習得は時間がかかりますし、知識なしで投資の世界に飛び込むと、高い確率で大きな授業料(失敗)を払うことになります。

そんな方々にマッチするのが、投資を外注するウェルスナビというサービスなのです。

世の中には様々な投資方法が存在しますが、投資未経験・知識ゼロで始めるのであれば、ウェルスナビは本当におすすめです。

もちろんデメリットはありるのですが、それを差し引いてもこれほどお手軽に投資を始められるサービスはありません。

↓デメリットを詳しく知りたい方はこちら↓

WealthNaviの知っておくべき5つのデメリット!それでも初心者は始めるべき最近、CM等で露出が増えてきたウェルスナビ。 ウェルスナビで投資を始めてみたいけど、踏ん切りがつかない、一歩を踏み出せないという方...

これから投資を始めてみたいという方、ウェルスナビから試してみてはいかがでしょうか

↓ウェルスナビの登録はこちらから↓

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。よろしければポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村