積立投資

積立投資|ドルコスト平均法で手堅く投資!気になるデメリットも紹介|投資を始める

ぼくのような投資初心者や、忙しくて投資への時間が取れない方にお勧めの積立投資ですが、今回はその積立投資の最大の特徴である「ドルコスト平均法」について紹介します。

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法とは、価格が変動する商品について、定期的に一定の金額で購入していく方法で、時間をかけることによって価格変動のリスクを分散する投資方法です。

たとえば、

ぼくがペットのおサルのために予算1万円でバナナを買うとします。

八百屋に行くと1房100円で売っていましたので100房購入しました。

しかし、翌日八百屋の前を通りかかるとバナナが50円に値下がりしてました。すごく損した気分になりますね^^;

しかし、1万円を使い切っているのでもう買えません。

さらに翌日、値段が気になってしまってもう一度八百屋へ顔を出すと、なんと25円まで値下がりしています。ぼくはもう涙目です。

バナナの価格が気になってしょうがないぼくは翌日も懲りずに八百屋に行きます。するとなんと値段が高騰し、1個250円に値上がりしていました。100円で買って得したぜ!

はたしてそうでしょうか?

 

今回は初日にバナナを1房100円で一括購入(一括投資)しましたが、これを分散して購入(分散投資)するとどうなるでしょう?

  • 1日目:単価100円 2,500円で25房のバナナを購入
  • 2日目:単価50円 2,500円で50房のバナナを購入
  • 3日目:単価25円 2,500円で100房のバナナを購入
  • 4日目:単価250円 2,500円で10房のバナナを購入
  • 合計:1万円で185房のバナナを購入(平均単価54円)

結果的に一括してバナナを購入するよりも85房も多くバナナを購入することができました。

このように一定金額で時間をかけて(定期的)に購入することによって価格変動のリスクを分散することができるのです。

これを投資に置き換えてみると

基準価額が1万円から1万3000円に値上がりした場合、口数と値上がり率を掛け合わせた評価益は、一括で購入した場合より積み立てのほうが多くなる。しかも証券会社や銀行の口座から自動引き落としで勝手に買ってくれるから、自分では買う勇気がない下げ局面でも機械的に買えるのが、積み立てのいい点だ。

しかも、積み立ての場合、5カ月の平均購入単価は9059円(5万円÷5万5191口×1万円)となり、一括購入時の平均単価1万円より安くなる。このように時間を味方につけて資産を効率的に増やしていけるのが、ドルコスト平均法のメリットだ。

出典:ダイヤモンド Zai Online

 

株の値動きは予想できない

先ほどのバナナの例でいうと、3日目に一括購入すると一番安く大量のバナナを購入することができるわけですが、これから投資を始めようという投資初心者では値動きなんて読めないですよね。

ドルコスト平均法は価格が安いときは多く、価格が高いときには少なく買い付け、結果的に平均購入単価を抑えることができるため、相場を読む必要がないんです。

値動きを予想できないからこそ、予想不要であるドルコスト平均法で投資をするのです。

メリットをまとめると

  1. 相場を読む必要がない
  2. 投資を始める時期を気にしなくていい
  3. 値を大きく下げても少し戻れば資産額が回復する
  4. 定額購入なのでほったらかしでいい(忙しくても投資ができる)

対してデメリットは

  1. 一括投資と比べるとリターンは少ない
  2. 始めて数年はマイナスが出やすい
  3. 右肩下がりの相場だと損が膨らむ

①は一括投資のリスクを分散しているのでリターンが少ないのは当然ですし、②③に関しては、資本主義が始まってこれまでずっと右肩上がりである世界経済に対して長期的に投資をすることでリスクを軽減することが可能です。

開始時期を気にせず、相場を読む必要がない。そして放ったらしでいいローリスクローリターン投資。それがドルコスト平均法による積立投資です。

これから投資を始めたいという初心者の方にはとても敷居が低い投資方法です。

もっと詳しく知りたい方は書籍がおすすめです

 

代表的なドルコスト平均法

現在、ドルコスト平均法で投資を始めようとした場合、メジャーな投資方法として以下のものがあげられます。

  1. 投資信託積立
  2. 積立NISA
  3. 確定拠出型年金(iDeCo)
  4. ウェルスナビ(ロボアドバイザー)

①が一番メジャーな投資信託積立、②③は大枠は投資信託積立ですが、国の制度を利用し免税・減税があります。

そしてこの中で一番初心者向けなのが④のウェルスナビ(ロボアドバイザー)です。

  • どの商品を選んでいいかわからない
  • 選択する基準・価値観をまだ持っていない
  • 投資の勉強まではしたくない
  • 手放すのタイミングがわからない

という方にはうってつけの投資方法です。

↓ウェルスナビの詳細についてはこちら↓

https://tryinvestment.net/lv2-know-about-wealthnavi/

まずはロボアドバイザーで投資を始めて、知識がついてきたら別の投資方法へ乗り換えるというのもありだと思います。気軽に乗り換えられるのもウェルスナビのメリットです。

銀行預金にもリスクはある

投資を始める前は「リスクがあるから怖い」と感じている方は大半ですが、預貯金のみで資産形成をすることにもリスクがあります。

銀行預金のリスク

  • 銀行倒産時1000万円までしか保証されない
  • 物価が上昇した場合、資産価値が下がる

預け先の倒産は銀行だろうが投資だろうがリスクは同じですが銀行預金最大のリスクは物価上昇(インフレ)に対応できていないことです。

日本は年2%の物価上昇を目指しています。ご存知の通りそんなペースでは上がっていませんが物価は確実に上昇しています。

銀行の0.001%、100万円を20年預けても約2万円しか増えません。20年後、物価が10%上昇していたら20年後の102万円は91.8万円の価値しかなくなるわけです。

安全と思っている銀行預金にも価値が目減りするリスクがあるのです。

ウェルスナビでインフレに対応した資産形成をしよう

先ほども説明した通り、銀行預金だけではインフレに対応できません。
一般世間で資産運用をしている個人投資家の大半は、このインフレに対応しより多くの資産を形成するために積立投資をやっています。

しかし、投資で資産を増やそうと思うと、基礎知識、金融商品の知識、商品を選択する判断力が必要です。

これらの習得は時間がかかりますし、知識なしで投資の世界に飛び込むと、高い確率で大きな授業料(失敗)を払うことになります。

そんな方々にマッチするのが、投資を外注するウェルスナビというサービスなのです。

世の中には様々な投資方法が存在しますが、投資未経験・知識ゼロで始めるのであれば、ウェルスナビは本当におすすめです。

もちろんデメリットはありるのですが、それを差し引いてもこれほどお手軽に投資を始められるサービスはありません。

↓デメリットを詳しく知りたい方はこちら↓

WealthNaviの知っておくべき5つのデメリット!最近、CM等で露出が増えてきたウェルスナビ。 ウェルスナビで投資を始めてみたいけど、踏ん切りがつかない、一歩を踏み出せないという方...

積立投資は開始時期が早ければ早いほど有利です。これから投資を始めてみたいという方、ウェルスナビから試してみてはいかがでしょうか

↓ウェルスナビの登録はこちらから↓

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。よろしければポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村