資産運用の雑談

積立投資|ドルコスト平均法で手堅く投資!気になるデメリットも紹介|投資を始める

ぼくのような投資初心者や、忙しくて投資への時間が取れない方にお勧めの積立投資ですが、今回はその積立投資の最大の特徴である「ドルコスト平均法」について紹介します。

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法とは、価格が変動する商品について、定期的に一定の金額で購入していく方法で、時間をかけることによって価格変動のリスクを分散する投資方法です。

たとえば、

ぼくがペットのおサルのために予算1万円でバナナを買うとします。

八百屋に行くと1房100円で売っていましたので100房購入しました。

しかし、翌日八百屋の前を通りかかるとバナナが50円に値下がりしてました。すごく損した気分になりますね^^;

しかし、1万円を使い切っているのでもう買えません。

さらに翌日、値段が気になってしまってもう一度八百屋へ顔を出すと、なんと25円まで値下がりしています。ぼくはもう涙目です。

バナナの価格が気になってしょうがないぼくは翌日も懲りずに八百屋に行きます。するとなんと値段が高騰し、1房250円に値上がりしていました。100円で買って得したぜ!

はたしてそうでしょうか?

 

今回は初日にバナナを1房100円で一括購入(一括投資)しましたが、これを分散して購入(分散投資)するとどうなるでしょう?

  • 1日目:単価100円 2,500円で25房のバナナを購入
  • 2日目:単価50円 2,500円で50房のバナナを購入
  • 3日目:単価25円 2,500円で100房のバナナを購入
  • 4日目:単価250円 2,500円で10房のバナナを購入
  • 合計:1万円で185房のバナナを購入(平均単価54円)

結果的に一括してバナナを購入するよりも85房も多くバナナを購入することができました。

このように一定金額で時間をかけて(定期的)に購入することによって価格変動のリスクを分散することができるのです。

これを投資に置き換えてみると

基準価額が1万円から1万3000円に値上がりした場合、口数と値上がり率を掛け合わせた評価益は、一括で購入した場合より積み立てのほうが多くなる。しかも証券会社や銀行の口座から自動引き落としで勝手に買ってくれるから、自分では買う勇気がない下げ局面でも機械的に買えるのが、積み立てのいい点だ。

しかも、積み立ての場合、5カ月の平均購入単価は9059円(5万円÷5万5191口×1万円)となり、一括購入時の平均単価1万円より安くなる。このように時間を味方につけて資産を効率的に増やしていけるのが、ドルコスト平均法のメリットだ。

出典:ダイヤモンド Zai Online

 

株の値動きは予想できない

先ほどのバナナの例でいうと、3日目に一括購入すると一番安く大量のバナナを購入することができるわけですが、これから投資を始めようという投資初心者では値動きなんて読めないですよね。

ドルコスト平均法は価格が安いときは多く、価格が高いときには少なく買い付け、結果的に平均購入単価を抑えることができるため、相場を読む必要がないんです。

値動きを予想できないからこそ、予想不要であるドルコスト平均法で投資をするのです。

メリットをまとめると

  1. 相場を読む必要がない
  2. 投資を始める時期を気にしなくていい
  3. 値を大きく下げても少し戻れば資産額が回復する
  4. 定額購入なのでほったらかしでいい(忙しくても投資ができる)

対してデメリットは

  1. 一括投資と比べるとリターンは少ない
  2. 始めて数年はマイナスが出やすい
  3. 右肩下がりの相場だと損が膨らむ

①は一括投資のリスクを分散しているのでリターンが少ないのは当然ですし、②③に関しては、資本主義が始まってこれまでずっと右肩上がりである世界経済に対して長期的に投資をすることでリスクを軽減することが可能です。

開始時期を気にせず、相場を読む必要がない。そして放ったらしでいいローリスクローリターン投資。それがドルコスト平均法による積立投資です。

これから投資を始めたいという初心者の方にはとても敷居が低い投資方法です。

もっと詳しく知りたい方は書籍がおすすめです

ブログ村ランキングに参加しています。あなたのワンクリックがとてもモチベーションになっています。よろしければポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村